相続対策の基本

最低限したい相続税対策には、主なものが4つあります。

専門家への相談も大切

よくテレビやドラマにあるように、ある日突然、相続問題はやってきます。相続は人の死亡により開始されますが、その開始時期をコントロールすることはできません。ですから、あらかじめ相続対策として、生前に自らの意思で財産の移転ができる生前贈与や、その他の特例を用いることを考えておく必要があります。

そこで最低限これだけはしたい相続税対策を、説明していきたいと思います。最低限これだけはしたい相続税対策として主なものは、@遺産分割対策、A贈与による相続対策、B納税資金対策、C節税対策があります。

それぞれを簡単に説明すると、@遺産分割対策とは、遺された相続人にどの財産を引き継がせるかを検討するものです。A贈与による相続対策とは、相続発生前に推定相続人などに財産をあらかじめ移転しておくことで、相続税の額自体を減らし、しかも相続税の納税資金の準備にも資するものです。B納税資金対策とは、相続財産が多い方の相続発生時における納税資金をあらかじめ準備することです。C節税対策とは、将来納付すべき相続税額を相続発生前に合法的に少なくする対策をいいます。

もっとも、これから説明する最低限これだけはしたい相続税対策の内容は、あくまでもひとつの方法論にすぎません。また相続対策は後で述べるように、短期間で終わらせることのできないものですから、長期的な視点にたって、家族の方のライフプランにも大きく関わってきます。そのため続税対策を検討するにあたっては、家族でしっかりと話し合いをし、また税理士やファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談することが大切です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.