遺産分割対策

遺産分割対策とは、どの財産を引き継がせるかを検討するものです。

遺産相続は高齢者の悩み

遺産分割対策とは、前の記事にも書きましたが、遺された相続人にどの財産を引き継がせるかを検討するものです。この遺産分割対策の具体的な中身としては、@遺言書の活用、A生前贈与、B分割を容易にする財産への組替えによる対策があります。@は多くの方が耳にしたことがあるかもしれませんが、AとBはあまり耳にすることがないかもしれません。

このうちのA生前贈与による対策が最低限これだけはしたい相続税対策のメインとなりますが、これはA贈与による相続対策と内容が重なるので、Aの中で説明したいと思います。

では、@についてですが、これはよくドラマなどで、遺言書が原因で遺産相続が起こり、事件に発展するという形のストーリーで見ることが多いです。しかし実際に遺言書を作っておくことで、遺産相続が遺産「争族」にならないようにすることは非常に大切です。またテレビで有名な学者が言われていましたが、高齢者の悩みの第1位が健康に関するもので、第2位が遺産相続に関するものだそうです。ですので、遺言をあらかじめ書いておくことで不安が解消されて、むしろ長生きされる高齢者が多いようです。もちろん、あらかじめ遺言を書いておき、例えば配偶者の相続割合を増やすことで相続税額を減らすことも可能です。

さらに、B分割を容易にする財産への組替えによる対策とは、遺産分割の際の遺産「争族」を防止するにとどまらず、分割を容易にする財産へ組替えることで、例えば不動産から現金に変えることで納税資金を準備することができるので、最低限これだけはしたい相続税対策の一つにあげることができます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.