高齢者の貯蓄の目的

人は定年が近くなると、資産を失う危険の少ない投資へ向かっていくことになります。その後は更に資産を失わない貯蓄に走る人が多くなります。

安心を得るための貯蓄

ここからは団塊の世代だけではなく、高齢者一般について話を広げていきます。高齢者は、当たり前のことですが、今まで現役でさまざまな活躍をしていた人々です。この人々は、いろいろなパターンがあるにしろ、少しずつ少しずつ、もしくは何か一山を当てて貯蓄をしてきました。

現役の時代、われわれもそうかもしれませんが、特に40代くらいまでは「老後のために貯蓄」というよりはむしろ、自分の夢をかなえるためとか、子どものためとかなどのために貯蓄をしていると思います。

人生も折り返し地点に入る、また、定年が近づいてくる時代になると、今度は収入が年金収入が主たる収入になるわけですから、老後、何かあった場合のために貯蓄をするようになってくると思います。

そうすると、若い時代は多少リスクが高くても自分の資産を増やすことのできる投資を行ったりすると思います。しかし、定年が近くなると、資産を失う危険の少ない投資へ向かっていくことになります。

さらに定年を迎えると、今度はいったい何年生きられるのか、平均寿命までは生きるのか、それまでに病気になったらどうするのかなど、様々な不安を抱え、資産を失わない貯蓄に走る人が多くなります。そして自分の子供のために、自分が死んだあと、少しでも資産を残してあげようと、その安心のために貯蓄し続ける、こんな人も多いのではないでしょうか。 

つまり、高齢者の貯蓄の目的は、とりもなおさず、「安心」を得ることに他ならないのではないでしょうか。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.