年金生活者の資産管理

高齢者の資産運用は、有名で安定的な利回りが可能な投資に向かっていきます。

安心のできる資産運用がメイン

とはいっても、年金生活者でも、資産をただ持っているだけでは「安心」を得ることにはならないようです。それは、資産を失う恐怖が常についてまわるからなのかもしれません。

また、高齢者であっても人であることには変わりありませんから、安全な投資であれば、積極的に投資を行う人もいるようです。ここでよく引っかかってしまうのが、資産運用詐欺です。元本保証で高利回りをうたった金融商品の勧誘に引っかかり、投資を行い、さらに資産を失ってしまうという事態に陥ってしまいます。このような事件が報道されると、どんどん高齢者の投資意欲が減退してしまうのです。

結果、高齢者の資産運用は、有名で安定的な利回りが可能な投資に向かっていくことになります。例えば国債地方公共団体が発行する債券、大手企業で評価が安定している株式、社債などに向かっていくことになります。確かに、国債や地方公共団体が発行する債券、評価が高い企業の株式や社債などは、運営するのには非常にリスクが低いと言えます。ので、間違った選択ではないと思われます。

また、アパートやマンションなどの経営も人気のようです。いわゆる、大家さんになることであるわけです。店子が入っている限り、安定的な収入を得ることができますし、世話好きにとっては、この上ない喜びを得ることができます。

高齢者で年金生活者の資産管理の仕方はさまざまですが、やはり、安定的で「安心」のできる資産運用がメインになるようです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.