狙われる高齢者の資産

高齢者は、安心な国債や大手企業への株式に資産を投資していく傾向が強いです。

終身雇用、年功序列、みんな中流階級

終身雇用、年功序列、みんな中流階級など、同質性を強く求められた世代ですので、みんながやらないようなことを自分だけやるなら、今でいうなら「空気読めない」人になってしまいます。それにリスクとどのように立ち向かえばよいのか、この点もほぼ教育を受けていません。右へ倣えの世界でした。

経済が発展し、価値観が多様化する中で、この世代の人々には理解が出来ない現象が多々現れるようになってきました。例えば、斬新なファッションなどもその一つです。もちろん、高齢者の人々のさらに上の世代の人々も同じようなことを感じていたと思いますが・・・・。それでも、日本の伝統に由来しているものが多かったので、まったく想像できないと言うことではなかったのかもしれません。「今どきの若者は」などと言って、他人事のように傍観できる段階では良かったのかもしれませんが、自分の資産を管理するのに、今までに知ることが無かった資産管理の方法を発見するたびに、この資産管理方法で本当に自分の資産は安全なのだろうか?と考えてしまうと思います。

そして、安全安心な国債や大手企業への株式に資産を投資していくことになります。これでは、元の木阿弥ですね。こういう臆病な発想でいると、知らない間に黒い闇が近づいてくることになります。

高齢者は結構さびしがり屋が多いです。そんなことろに、やさしくしてくれる他人が現れて、そして色々やってくれた上、自分のために良いアドバイスをたくさんしてくれる。こんな人が出てきたら、親族よりも信頼できる人になってしまうのではないでしょか。その人が怪しげな利殖の話を持ちかけたとしても、断ること、できるでしょうか。

今、高齢者の資産は狙われています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.