円高の良い面と悪い面

円高とは為替市場で取引されている円が、米国ドルなどの他国の通貨よりも価値が高くなっている状態のことです。しばしばニュースなどで「円高ドル安」「円安ドル高」といった表現がされていますが、外国為替市場での通貨の取引は他国の通貨とペアで売買されます。そのため円とドルの価値の状態を「円高ドル安」や「円安ドル高」などと表現します。

円高の状態とは円の価値が高くなることですが、たとえば、1ドル100円と1ドル120円では1ドル100円の方が円高です。そして円高になると少ない円で他国の通貨を多くの買うことができます。たとえば1ドル100円の場合だと100円玉1枚で1ドルが買えます。しかし、1ドル120円では100円玉1枚と10円玉2枚が1ドルを買うのに必要です。そしてこれは円高とは逆の状態であり、多くの円が必要になる円安となっています。

日本経済は円高・円安それぞれに影響を受けます。とくに円高になると今まで海外向けに販売していた輸出産業の商品が、販売価格の高騰が原因で売れにくくなります。そして円高で影響を受けやすくなる企業は、自動車産業や半導体などの電子部品の製造や鉄鋼業といわれています。

また円高になると海外からの輸入品が安く買えます。たとえば石油などの燃料がそれにあたります。そのため燃料を海外で安く買って、日本で製造・販売するメーカー(内需企業)は栄えます。同じように鉄鋼やパルプといった原材料費も安くなります。そういった理由から、円高では日本で商品を作って日本国内で販売する内需企業の業績アップが期待されます。

ちなみ円高において、民間レベルでは海外旅行のツアーなどが格安で行けたり、インターネットを使った個人輸入や海外の通販サイトで品物が安く買えたりします。

各ページのご案内

円高のメリットとデメリット

円高が起きた理由

ブレトンウッズ体制とは?

アメリカが金との兌換をやめた理由

日本の高度経済成長を支えたもの

定期預金の金利の比較

メニュー

Copyright (C) 2008-2021 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.