水戸信用金庫の金利割引制度

水戸信用金庫の金融商品や金融サービスを取引するためには、主に店舗窓口へ来店する必要があります。水戸信用金庫ではインターネットバンキングやATMでも一部の金融商品や金融サービスを取引することができますが、店舗窓口に比べると取引できる内容が少なくなっています。そのため最寄りの店舗窓口へ来店する必要があるのです。店舗窓口では預金商品や融資商品のような基本的な金融商品を中心に、保険商品や信託商品、税金や公共料金の納付サービス、出資金などを手広く取引することができます。

水戸信用金庫の店舗窓口の営業時間は基本的に朝9時から午後3時までとなっており、土日祝日は休みになっています。そのため必然的に平日の昼間に来店しなければならず、仕事などで時間を取れない利用者が少なくありません。インターネットバンキングは時間や場所を選ばず利用できますし、ATMも店外キャッシュコーナーや提携金融機関など様々な場所で利用できますが、前述の通り取引内容が少なくなっています。そのため店舗窓口で取引するときは、水戸信用金庫の土日営業店舗の活用がオススメです。

土日営業店舗は土日に営業を行っている店舗窓口で、平日昼間に来店できない利用者に最適です。通常の店舗窓口と違って小切手や手形、税金や公共料金、出資金など一部の取引を行えないというデメリットはありますが、金融商品や金融サービスを取引することができます。加えて利用者から各種相談受付を行うための相談窓口や、ATMコーナーも完備しているため、利用者が希望する取引の多くに対応することができます。

水戸信用金庫の土日営業店舗は便利な一方で、全本支店のうち3支店しか該当しません。それも水戸信用金庫が本支店を設置する茨城県内の県央地域と県南地域に集中して設置されているため、県北地域や県西地域には土日営業店舗がありません。そのため地域によっては土日営業店舗が利用できないというデメリットがあります。土日営業店舗まで来店できない利用者は、インターネットバンキングやATM、コールセンターによる問い合わせなどを活用して取引するようにしましょう。土日に取引できる別の金融機関に口座開設して、水戸信用金庫と併用することも効果的です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2019 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.