貯金

貯金の方法として大切なのは、貯金用のお金を優先的に確保することです。

貯金の目標を具体的にすること

貯金の目標を具体的にすること

貯金の方法は様々ですが、大前提として貯金は残ったお金でするのではなく、最初に貯金用として確保したお金でするものです。残ったお金を貯金すればよいと思っていると、ついつい使い込んでしまいます。また、お金を貯めるために生活費を無理に切り詰めても、なかなか続きません。たとえ5,000円や1万円などの少額でも、生活する上で無理のない金額を計画的に貯金すると長続きしやすいです。

貯金の方法としては、お金を貯める目的を明確にすることです。ただ闇雲にお金を貯めるだけでは先の楽しみがありません。老後の蓄えを若い頃から念頭に置くのもけっこうですが、まずは近い将来のための貯金をすれば、お金の貯まる喜びを実感できます。

そして貯金を持続するコツは、楽しみながら取り組むことです。たとえば半年や1年先に自分へのご褒美を用意することで、貯金へのモチベーションが高まります。そしてある程度まとまったお金ができると、もっと貯めてみたくなります。そして何年か後の楽しみのために貯金を続けます。このくり返しで、お金を貯めること自体に満足感が生まれます。すると確実に貯金を増やせます。

貯金の方法としてまず思い浮かぶのは、銀行の利用です。銀行口座を開設すれば、まとまったお金を定期預金に預けられます。また毎月コツコツと確実に貯めたいのなら、積立定期預金が使えます。さらに銀行の預金ではありませんが、勤めている会社で財形貯蓄が使える場合があります。給料やボーナスから天引きされるので自然に貯金ができます。

各ページのご案内

ゆうちょ銀行の貯金

JAの貯金

定期預金の金利の比較

メニュー

Copyright (C) 2008-2021 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.