銀行の利率

銀行の利率とは、商品の元本に対して、毎年受け取れる利子の割合を指します。

利率と金利と利息と利回り

銀行の利率とは、定期預金や国債などの元本に対して、毎年受け取れる利子の割合のことです。たとえば、円普通預金や円定期預金などの金利の表示が年○%になっている場合で、それは利率が表示されています。

銀行の利率は、金利と同じ意味で使われています。同じ金融商品を利用するなら、利率や金利の高い商品で運用したいです。たとえば預金では、三菱UFJ銀行などのメガバンクよりも、住信SBIネット銀行セブン銀行PayPay銀行auじぶん銀行オリックス銀行楽天銀行などのインターネット銀行の方が優位です。

銀行の利率と同じような言葉で、「利回り」というものがあります。こちらは利率とは違い、得られた利益を1年間の割合で表したものです。たとえば、1年満期で金利1%の定期預金に100万円を預けたとします。1年後に利息は1万円になります。そのまま自動継続して預けると1年後の利息は1万100円になります。(元金100万円+利息1万円=合計101万円を自動継続すると、101万円×1%=1万100円)

この定期預金では最初の1年目では1万円の利息になり、2年目の利息1万100円を合わせると合計2万100円です。この利息の合計を年平均すると1万50円です。1年間の平均利息と元々の元金の比率は、1万50円÷100万円×100=1.005%で利回りは1.005%です。利率は金融商品の金額に対し1年間の割合を指します。利回りは複数年の運用益を1年あたりで換算したものです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

Copyright (C) 2008-2021 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.