銀行の利息

銀行の利息とは、銀行が預金者に期間や金額に応じて支払うお金のことです。

銀行の利息は、預金商品の金利で決まる

銀行の利息とは、預金商品に設定されている金利や金額や期間に応じて銀行側が預金者に支払うお金のことです。銀行の利息は「この預金商品なら○○円もらえる」といった具体的な金額が表示されている訳ではなくて「金利○%」などと表示されています。

たとえば定期預金なら、1年もの年0.025%などといった表示になっています。時折、店頭金利よりも高めに設定されているインターネット支店専用の金利を設けている銀行もあります。

銀行は預金者が預けたお金を利用して、企業へ貸出しや投資をすることで運用益を得ています。そのため新しくできた銀行などでは、多くの人に利用してもらえるように既存の銀行よりも高めの金利を設定します。ですので預金者としてはなるべく多くの利息が得られるように、新しい支店ができた時や、新しいインターネット銀行が誕生した時には、預金商品の金利のチェックを忘れずに行いたいです

銀行の利息は、金利によって支払われる金額が異なります。利息は銀行で取り扱っている預金商品のほとんどに付きます。たとえば、円普通預金、円定期預金、スーパー定期、大口定期預金、期日指定定期預金、積立定期預金、貯蓄預金、変動金利定期預金、自動積立定期預金などです。

預金商品の低金利が長く続いている現状では、利息が多くもらえる高金利な預金商品には人気があるので、発売されれば申し込みが殺到して販売期間が繰り上がって終了することも起こっています。

ちなみに、おおよその利息の計算は「利息=元金×期間×金利」で求められます。また銀行の公式サイトには、金額を入力すれば得られる利息を自動計算してくれるものもあります。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

Copyright (C) 2008-2021 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.