固定金利

固定金利とは金利が一貫して変わらないものです。

固定金利は金利が一定

固定金利とは、金融商品の金利が契約時から終了まで一貫して変わらない固定期間のものをいいます。金利が一定なので利子や毎月の支払額が変わりません

固定金利の銀行の預金商品といえば、スーパー定期預金や単利型の大口定期預金などが代表的です。これらの商品を利用する時は、これから先の金利の行方を注視したいです。景気が上向きで金利が上がりそうな時に、これらの商品を固定金利で選択すると、低い金利のままでの運用となるからです。

固定金利の預金商品は契約時に満期までの金利が決まっているので、できるだけ金利が高い商品を選びます。そうすることで契約期間中は高い金利のままで運用ができ、得られる利息も多くなります。

お金を金融機関から借りる場合には、金利が低い時に利用するのが鉄則です。金利が低い時に借りて固定金利にすれば、たとえ世の中の金利が上昇してもいつも同じ返済額での支払いにできるからです。

長期間の支払いが必要な住宅ローンなどを固定金利にした場合は、月々の返済額が変わりません。そのため事前に支払い額を確保しておけば、突然の出費にも対応がしやすくなります。また固定金利にすれば、景気が上向いた時に金利変動の影響(金利上昇)を受けることなく、今までの低い適用金利での支払いが続けられます。

住宅ローンの固定金利での支払いには、全期間固定金利型と一定期間固定型があります。一定期間固定型は最初の10年の期間中に、どれくらいの期間を固定金利にするかを決められます。そしてその後、固定金利にするか変動金利にするかを選べます。一定期間固定型の特徴は、当初収入の少ない頃を固定金利にすることで、安定した支払いができる点です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

Copyright (C) 2008-2021 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.