定期預金の見直し

短期の定期預金で、その都度、金利の見直しをすることが大切です。

定期預金で金利の変動に対応する方法

定期預金の特徴の一つは、適用される金利は口座を作った時点のものに固定されることです。昔は10年満期型などの長期タイプの定期預金で高い金利が提供されており、満期時にはある程度の利息が得られました。

しかし現在では金利が下がり、なおかつ金利変動もめまぐるしいです。よって定期預金は短い期間のものを選び、なおかつ適宜の見直しが必要となっています。

近年は経済情勢が安定しないので3年から5年で金利は変動します。いま口座開設をすれば、契約期間は現時点での金利で固定されます。しかし金利は上がったり下がったりを繰り返しているので、その都度見直して少しでも高い金利の定期預金に預けし直したいです。

そうすることで金利が上がれば、今までよりも高い金利が適用されるようにできます。反対に金利が下がれば、それまでの定期預金を続けるようにします。すると以前の高い金利を享受し続けられます。

めまぐるしく変動する金利に対応するには、このように短期の定期預金を選び、そして適宜金利の見直しを行いたいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

Copyright (C) 2008-2021 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.