外貨定期預金

外貨定期預金

外貨定期預金は為替変動のリスクが大きいので、投資の要素が大きい商品です。

「定期預金」という言葉が使われているために、安心であるという印象を受けがちですが、外貨定期預金は日本円の定期預金とは全くの別物です。

外貨定期預金の高金利だけに目を奪われるのではなくて、外貨定期預金が持つリスクにも目を向けなければなりません。

外貨定期預金の人気

外貨定期預金の人気

外貨定期預金は気軽に始められる資産運用の一つとして人気が高まっています。

日本円の定期預金の金利が低いため、預金者にとって外貨預金の高い金利は大変魅力です。

通貨によってはかなりの高金利商品もあるため、最近は外貨定期預金に興味を持つ人が増えてきています。

外貨定期預金とは?

外貨定期預金とは?

外貨定期預金というのはその名の通り、外貨預金の定期預金バージョンです。

銀行で日本円を米ドル、英ポンド、ユーロ、豪ドル、ニュージーランドドルなどの外国の通貨に交換して、その外貨を外貨定期預金の専用口座に預けます。

そして日本円の定期預金と同じく、最初に定めた満期日までの期間は外貨を預け入れつづけます。外貨定期預金は日本円での定期預金とは異なる点があるので、注意事項をしっかり確認する必要があります。

外貨定期預金の為替手数料

外貨定期預金の為替手数料

まず、外貨定期預金をする場合には、日本円の定期預金と違って「為替手数料」というものがかかります。

これは日本円と外貨を交換する時にかかる費用で、多くの銀行窓口でかかる為替手数料は1ドル1円です。

日本円を米ドルに交換する為替手数料

日本円を米ドルに交換する為替手数料

日本円を米ドルに交換する場合は「TTSレート」の適用となります。具体的には、米ドル円の基準レートが100円の時のTTSレートは101円になります。

反対に、米ドルを日本円に交換する場合は「TTBレート」の適用となります。具体的には、米ドル円の基準レートが100円の時のTTBレートは99円です。

つまり、このそれぞれ1円分が為替手数料です。

ネット銀行の為替手数料

ネット銀行の為替手数料

為替手数料は銀行ごとに異なりますが、最近はネット銀行の登場でとともに手数料負担を抑えようという傾向があり、為替手数料を安くする銀行が増えています。

2019年5月10日現在の米ドル円の為替手数料を比較すると、三菱UFJ銀行の窓口での取引は1円ですが、三菱UFJ銀行ダイレクトでは25銭です。

そしてネット銀行に目を向けると、住信SBIネット銀行では4銭、楽天銀行は25銭、新生銀行は15銭、ソニー銀行は15銭です。銀行窓口よりもインターネットバンキングやネット銀行で取引する方が格段に安くなっています。

為替変動リスクでの利益

為替変動リスクでの利益

そして外貨定期預金で気を付けたいのが為替変動リスクです。その理由は、ニュースでよく耳にする「円高」「円安」という円の価値の増減が外貨定期預金に大きく影響するからです。

たとえば、1ドル100円の時に外貨定期預金をしたとします。1年後の満期時に解約して日本円に戻す時に、ドル円の相場が預入時に比べて円安に動き、1ドル110円になったとしましょう。

すると単純に計算して、100円の資産が110円になって10%の利益です。

為替変動リスクでの損失

為替変動リスクでの損失

逆にドル円相場が円高に動いて1ドル90円になったとします。すると100円の資産が90円になるので、10%の損失です。

外貨定期預金をする際には、こうした為替変動リスクを念頭に入れておく必要があります。

外貨定期預金の金利

外貨定期預金の金利

外貨定期預金が注目されている理由は金利の高さからですが、金利は銀行ごとに異なります。

2019年5月10日現在の米ドルの1年定期預金をみると、三菱UFJ銀行は年0.520%です。同じく住信SBIネット銀行では年2.300%、楽天銀行は年0.800%、新生銀行は年2.300%、ソニー銀行は年2.200%です。金利も銀行によって実に様々です。

同時点でのゆうちょ銀行の日本円の定期預金(定期貯金)の金利は、年0.01%です。やはり外貨定期預金の方がはるかに高金利だといえます。

楽天銀行の外貨定期預金の金利

楽天銀行の外貨定期預金の金利

さらに最近は、目を引くような金利の銀行もあります。たとえば、楽天銀行が1週間ものの米ドルの外貨定期預金の金利を年8.00%で出しています(2019年5月10日現在)。

年8.00%という数字は一見すると大変な魅力を感です。しかし注意が必要です。この定期預金は1週間という超短期間に限られています。

この年8.00%の外貨定期預金に預け入れたとしても、1週間後に満期が来ると外貨普通預金に自動的に入金されます。つまり年8.00%の金利がつくのは1週間のみです。

金利と銀行の利益の関係

金利と銀行の利益の関係

この外貨普通預金のお金を引き続き外貨定期預金に預けたいとします。その場合は、外貨普通預金から外貨定期預金への預け入れになるため、適用される金利は1年もので年0.10%に下がります。

この年8.00%の外貨定期預金の商品は「日本円から米ドルへ」預け入れた場合に限られます。銀行側としては為替手数料が得られるために、日本円から外貨への預け入れを優遇しているのです。

外貨普通預金から引き出して外貨定期預金にした場合は、為替手数料が発生しないので銀行側の利益はありません。そのため金利は大幅に下がるのです。

豪ドルの外貨定期預金

豪ドルの外貨定期預金

外貨定期預金の中でも、特に好まれるのが豪ドルです。金利が高い上に、先進国通貨なので経済が安定しているからです。

また過去に為替差益によって豪ドルで利益を得た人も多いため、人気は高まりました。

豪ドルの外貨定期預金の金利は、住信SBIネット銀行では2019年5月10日時点で年利1.600%です(1年もの)。この高金利が人気の理由です。

豪ドルの外貨定期預金の下落

豪ドルの外貨定期預金の下落

2001年に豪ドルの為替は最安値で1ドル55円台でした。そして、2007年の最高値である107円台まで右肩上がりで変動しました。

2000年から2001年の底値の時に豪ドルの外貨定期預金に預け入れた人は、7年後には預けたお金がほぼ倍になりました。そして豪ドルの人気は一時過熱しました。

ところが豪ドルが人気通貨であった2008年、前年の高値107円台から一気に55円台にまで落ちたのです。前年に豪ドルの外貨定期預金に預け入れた人は、預け入れたお金がほぼ半分になりました。

世界情勢に影響を受けやすい豪ドル

世界情勢に影響を受けやすい豪ドル

原因はリーマンショックです。豪ドルは世界情勢が変化した時に特に影響を受けやすい通貨です。

またオーストラリアは石炭や鉄鉱石といった資源国であり、農作物と共に輸出によって経済が成り立っています。そして中国が最大の輸出相手国なので、中国の景気にも左右されます。

それから隣国のニュージーランドとも相関しており、NZドルの影響も受けやすいです。そのため豪ドルの外貨定期預金に預け入れをするのなら、為替変動リスクを念頭に置かなくてはなりません。

日本円の定期預金は元本保証

日本円の定期預金は元本保証

外貨定期預金は、日本円での定期預金とは全く性質が違います。

日本円の定期預金は元本が保証されます。通常は銀行に1年間お金を預けると、1年後には元本と共に利息が付いて戻ってきます。

たとえ金利が低くて利息が少なくても、利息から税金が引かれても、解約した時のお金が預け入れた時のお金よりも少なくなることはありません。

預金保険制度の対象

預金保険制度の対象

もし100万円を預けると、満期後は利息が付くので100万円プラスαで必ず返ってきます。

さらに、万が一、預けていた銀行が破たんしたとしても、1000万円までであれば預金保険制度の対象となって保護されます。そのため、預けたお金が返ってこないことはありません。

日本円で銀行の定期預金に預けていれば、自分の預金が減ったり無くなったりすることはありません。

外貨定期預金は元本が保証されない

外貨定期預金は元本が保証されない

一方、外貨定期預金は元本が保証されていません。

日本円から外貨定期預金に1年間預けたとすると、預け入れた時点で為替手数料が引かれて元本割れとなります。

例えば、為替手数料が1ドル1円の銀行で100万円を預けると、その時点で外貨定期預金の残高は99万円(100万円−1万円)になります。

外貨定期預金の元本割れ

外貨定期預金の元本割れ

また外貨定期預金は、解約する時に預入れた時と同じ為替レートである保証はありません。

為替変動があるため、解約する時に円安になっていれば為替差益により資産が増えることもあります。

しかし預け入れた時よりも円高になっていれば、為替差損となって元本が減ることもありえます。利息によるプラスが為替差損のマイナスを上回らなければ、元本割れを起こします。

外貨定期預金は預金保険制度の対象外

外貨定期預金は預金保険制度の対象外

それに満期日に外貨定期預金を解約して日本円に交換しようとすると、再び為替手数料が引かれるので、さらに元本は減ります。

さらに外貨定期預金は万が一、預け入れた銀行が倒産してしまったら、預金保険制度の対象外なので保護がされません。

そのため預け入れたお金は戻ってこない可能性があります。

バブル世代と高金利

バブル世代と高金利

日本人は安全と安心を好む国民なので、投資よりも貯金が好きです。

ところが外貨定期預金は為替変動リスクが大きいので、投資の要素が大きい金融商品です。

バブルの頃は日本円の定期預金の金利が高くて、「10年預けておけば倍になる」と言われていました。そのため、当時の恩恵を受けた世代は特に高金利という言葉に敏感です。お金はずっと預けておけば必ず増えるという思い込みを持っているからです。

外貨定期預金に安全と安心はない

外貨定期預金に安全と安心はない

預貯金が大好きな日本国民に「定期預金」という安心ワードを掲げて外貨定期預金がアピールされていますが、実際は日本円の定期預金とはまったく違う別物ものです。

日本人は預けたお金が減るという経験が少ないので、もし預けた外貨預金が元本割れして戻って来たら、大きなショックを受けることでしょう。

外貨定期預金には日本人が好む安全と安心がなく、日本円の定期預金とは性質が異なることを理解しておく必要があります。

外貨定期預金シミュレーターの活用

外貨定期預金シミュレーターの活用

もし、外貨定期預金を始めようと考えるのなら、「外貨定期預金シミュレーター」を使ってみることをお勧めします。

例えばじぶん銀行では、外貨定期預金シミュレーターのサービスをインターネット上で提供しています。

この外貨定期預金シミュレーターを利用することで、外貨定期預金にはどれくらいのリスクがあるのかを知ることができます。

※じぶん銀行の「外貨定期預金シミュレーター」https://www.jibunbank.co.jp/products/foreign_deposit/simulator/#yen-usd

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2019 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.