神奈川銀行の預金と運用商品

神奈川銀行では、様々なタイプの預金や運用商品を取り扱っています。

普通預金、貯蓄預金、定期預金

神奈川銀行では、地域住民の多様なニーズに応えるために、様々なタイプの預金・運用商品を取り扱っています。

まず一般的な商品として普通預金、貯蓄預金、定期預金の三つが挙げられます。普通預金は、銀行取引の基本となる預金であり、いつでも預け入れと引き出しが可能なお財布のような口座です。貯蓄預金も、普通預金と同じく、いつでも預け入れと引き出しができる口座ですが、残高が10万円以上になると普通預金よりも有利な金利が適用されるという特徴があります。

そして定期預金ですが、神奈川銀行では、預け入れ期間や金利タイプの異なる多様な商品を取り扱っています。中でもシニア向けの商品が充実しており、神奈川銀行で年金を受け取っている人や年金の受け取りを予定している人の金利を優遇する定期預金や、退職金運用のための定期預金などを扱っています。また、定期預金と同時に投資信託を購入することより、定期預金の金利が上乗せされる資産運用に適した商品などもあります。

神奈川銀行の預金商品の中に通知預金という商品があります。あまり聞かれない名前ですが、通知預金とは、一定額以上のお金を最低据置期間(7日間以上)預け入れると金利が優遇されるという商品です。最低据置期間以降は、いつでも引き出すことができますが、引き出す2日前に通知する必要があります。普通預金と定期預金の間の商品で、近い将来にそのお金を引出すことが決まっており、その時期まで運用したい場合などに適しています。

また、預金に特化した商品として、納税準備預金と決済用普通預金とがあります。納税準備預金は、文字通り納税に備えるための預金であり、利息は非課税になるという特典があります。ただし、納税以外の理由で引き出すことはできません。決済用普通預金は、決済資金の入出金を対象とした預金であり、利息はつきませんが、ペイオフ対象外であるため、銀行が破綻した際も全額保護されます。マンションの修繕積み立て費などのように、将来支払うことが決まっているお金を預ける際に利用されています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.