定期預金の中途解約

定期預金の中途解約は、預入期間の途中で解約することです。

中途解約利率が発生するペナルティ

定期預金の中途解約とは、預入期間の途中で解約することをいいます。定期預金普通預金などの流動性の高い金融商品とは異なって、あらかじめ決められた預け入れ期間中は出金ができません。定期預金は満期日まで預入れをすることで、金利が高く設定されている商品です。そのような商品特性があるため、中途解約するとペナルティの発生する可能性があります。

定期預金を中途解約することの一番のペナルティとは、中途解約利率が発生することです。近年では定期預金の利息はスズメの涙程度なので、中途解約したために金利が下がったとしても大きな影響はありません。しかし高金利の時に中途解約すると、貰えるはずだった多くの利息がフイになります。

定期預金の中途解約に際しては、中途解約利率が適用されるペナルティのほかには、通常の定期預金では大きな損失はありません。元本割れが発生する恐れもありません。しかし、同じ「預金」という名称が付いていますが、仕組預金についてはその限りではありません。仕組預金はデリバディブが組み込まれた複雑な預金商品なので、安易に解約をすると元本割れの恐れがあります。

ほかにも定期預金の中途解約で気になることとして、口座を開設した店舗でしか定期預金の解約ができないのか?といった問題があります。これは金融機関にもよりますが、違う店舗でも解約可能な場合があります。その反面、取引店舗でしか解約のできない金融機関もあるので、事前に確認しておく方が安全です。

また、基本的に定期預金の中途解約は本人のみが手続きを行えます。しかし委任状などがあれば、本人以外の家族が定期預金の解約を行うこともできます。その場合は委任状のほかに、本人の身分証や預入の銀行印、引き出す人の本人確認書類などが必要です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.