インターネットバンキング不正送金の主な手口

犯罪者は個人を識別するIDとパスワード、そして取引に必要な第二暗唱の情報を盗み出そうとします。

偽のポップアップウィンドウを表示

近年異常とも言えるスピードで被害件数が増加しているインターネットバンキングの不正送金被害。キャッシュカードを使わないためスキミングされる機会もないと思われるインターネット取引で、どうして口座から勝手にお金を引き出されたり、不正送金されるといった被害が起こるのでしょうか。ここではインターネットバンキングの不正送金犯罪の手口をみていきます。

インターネットバンキングを使って、送金や振込・振替といった預金を移動する取引を行う際に使われているのが、個人を識別するためのユーザIDとパスワード、そして第二暗唱です。第二暗唱は、インターネットバンキングの利用を申し込むと、発行される数字を羅列したカードです。利用者は銀行のサイトにIDとパスワードを入力してログインし、取引の際には、本人しか知らないこの第二暗唱カードの番号を入力します。第二暗唱の入力順は毎回ランダムに変わるため、その組み合わせは膨大なパターンとなり、適当に入力して当てられるということはまずありません。

そのため、犯罪者達はこの個人を識別するIDとパスワード、そして取引に必要な第二暗唱の情報を盗み出そうとします。

犯罪者が情報を抜き出す方法は主に二通りです。一つは金融機関を装った偽のメールを送り「セキュリティ確保のため今すぐサイトへログインしてください。」といった不安を煽るような文言でそのリンクをクリックさせ、偽の金融機関サイトへと誘導、そこでパスワードや第二暗唱などを入力するよう仕向けて情報を抜き取る、という方法です。

もう一つはウィルスを利用した方法であり、近年増えているのはこちらの手法による犯罪です。犯罪に使用されているウィルスは、感染したパソコンが銀行サイトへアクセスすると、その正規のサイトの上に偽のポップアップウィンドウを表示させるという機能を持っています。正規のサイト上に現れるポップアップウィンドウが偽物であるとは気づきにくく、大抵の人は疑いもなく、個人情報を入力してしまうことでしょう。個人情報を抜き出した犯罪者は、その情報を用いて他人のアカウントへログインし、他人の預金を別の口座へ送金してしまうのです。

メールを送り、ウィルスをばら撒き、パソコンをハッキングして個人情報を盗みだす。このように、不正送金犯罪は計画的かつかなり組織的に行われているのです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.