レンタカーとリースカーの違いとは?

車の貸し借りには、レンタカーとリースカーがあります。

費用を安く抑える方法

車の貸し借りと言うと、皆さんに身近なものはレンタカーであると思います。ただ、車に関してはレンタカー以外にリースカーと言うものも存在します。では、その違いについて見ていくことにします。

まず、レンタカーですが、自動車を有料で貸し出す事業、または貸し出された自動車のことを言います。このレンタカーは、自動車メーカーやそれに附随する自動車ディーラーが母体となって設立したメーカー系のレンタカー業者、他業種が母体となって設立した非メーカー系・独立系に大きく分けることができます。さらに近年、ガソリンスタンドや自動車関連事業者が運営する格安レンタカーも出店してきています。

自宅から乗用車で観光地まで行って、更に自宅に戻るのは大変ですよね。そんな時、お金持ちであれば、現地でその都度車を購入できるかもしれませんが、庶民には無理です。目的地で車を借りる、このような用途のためにレンタカー店は繁盛しています。

リースカーは、先ほども挙げた通り、オートリースの会社が行います。これは会社が使用する商用車を購入して減価償却するのであれば、リースの方が費用を安く抑えることが出来るということで発展しています。

自動車はメンテナンスが必要なものですので、リースをしている場合、そのメンテナンス費用も計上しやすいので、企業にとってはとても使いやすいものであると言えます。

このようなことから、レンタカーとリースカーの違いは、ちょっとした使用か、一定期間使用する必要があり、会計上の処理が必要であるかにあると言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.