利息計算

利息計算ができると、預金などでどれくらいの利息になるのかが分かります。定期預金などの預金の場合は、申し込んだ金融機関の窓口で預金商品の金額、年利、預入期間などから受け取れる利息の額を教えてくれます。またローンを利用する時も、月々の利息の額を記した用紙が発行されるので、利息計算ができなくても心配ありません。

そして最近はネット上に「定期預金シミュレーター」という数字を入力するだけで瞬時に利息計算を行うサイトが多数あります。これらのサイトは預金金額(元金)や預入期間、金利(年利)などの数字を入力するだけで税引前の利息が分かるし、税引後の利息も知ることができます。

利息計算ができると定期預金などの預金商品を申込む時に、満期になるとどれぐらいの利息がもらえるのか分かります。またローンなどでお金を借りた時にも、月々にどれくらいの利息を返済するのかが事前に分かります。

ところで、お金の計算を自力でやってみたいと考える人もいるでしょう。そういった場合は「預金金額×金利」でおおまかな利息計算ができます。たとえば預金金額が100万円で金利が年0.25%の場合は、「100万円(預金金額)×0.025(金利)=2,500円(利息)」になります。そして、この値から国税(所得税・復興特別所得税)と地方税を合わせた20.315%を引いた金額が受け取れる利息となります。

お金を借りたときの利息計算の場合なら「借りたお金×年利」です。たとえばローン会社で10万円を年利18%で借りた場合なら、「10万円(借りたお金)×0.18(年利)=18,000円(利息)」です。借りたお金を1週間で返済するのなら日割計算をして「借りたお金×年利÷365×借りている日数」となります。具体的には「10万円(借りたお金)×0.18(年利)÷365(日)×7(借りている日数)=345円(利息)」です。

各ページのご案内

消費税の計算

単利とは?単利の計算方法

複利とは?複利の計算方法

定期預金の金利の比較

メニュー

Copyright (C) 2008-2021 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.