中京銀行のインターネット支店

中京銀行は「なごやめし支店」というインターネット支店を設置しています。インターネット支店とは実店舗を置かないインターネット上のバーチャル支店で、営業地域内の利用者しか取引できない通常の支店とは違って、日本国内の個人ならば誰でも取引できます。金融商品の取引にはインターネットバンキングやATMを活用するため、店舗窓口で直接行員に相談しながら取引を進めたい利用者には不向きですが、来店せずいつでも取引できます。また、なごやめし支店の普通預金では給与や年金を受け取ったり、公共料金やクレジットカードを支払うことができるため、普段使いもできます。

なごやめし支店では専用の普通預金や定期預金を取扱っており、とくに定期預金は通常の支店で提供される定期預金よりも高い金利です。たとえば「なごやめし定期」があり、預入期間を1カ月から5年の間で自由に設定できるため細かい運用計画に合わせられます。預入金額の範囲も広く、1万円以上1000万円未満で好きな金額を預けることができます。また、なごやめし支店では合計250口まで預金商品を口座開設できるため、1000万円以上の金額を預けたい場合は、新たに新規のなごやめし定期を口座開設すれば余剰分を預けることができます。

少額を高金利で資産運用したいときは「大盛なごやめし定期」が活用できます。大盛なごやめし定期は預入金額が最高100万円と少ない反面、店頭表示金利がなごやめし定期よりも高く設定されています。しかしその一方で初回満期日以降はなごやめし定期の店頭表示金利が適用されることになっているため、自動継続扱いにして満期日以降に預入を継続すると適用金利が下がります。そのため計画的に口座開設しましょう。

なごやめし支店はインターネットバンキングを使って取引することから、振込手数料が安いです。そのため他金融機関宛て振込などの資金移動を頻繁にする場合にも活用できます。さらになごやめし支店では入出金取引を中京銀行ATMや全国にある提携金融機関ATMで行いますが、その際に支払うATM利用手数料も時間帯やATMによっては無料になります。そのため、なごやめし支店を利用する際はATMごとのATM利用手数料をよく確認しておきましょう。

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2020 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.