定期預金の解約方法

定期預金の解約方法としては、口座開設をした金融機関の窓口でするのが確実です。

定期預金の解約の注意点

定期預金の解約方法は、口座開設した金融機関の窓口で行うと確実です。おおくの場合において、自分が利用している店舗以外でも定期預金の解約の手続きはできますが、なかには口座開設をした取扱店舗以外ではできない場合があります。

店舗窓口でする定期預金の解約方法は、満期を迎える前に届くハガキや封書で確認できます。その中に満期を迎えた定期預金の解約方法が記載されているので、その書類を参照して満期日の当日や満期日以降に手続きが行えます。

そのときに本人確認書類、銀行印、総合口座通帳(定期預金の通帳)、キャッシュカードなどを持参します。窓口での手続きが済んだら、そのまま現金を持ち帰ることも、普通預金へ入金し直すことも可能です。

最近はインターネット銀行もあるので、インターネットを経由しても解約を行えます。インターネット銀行での定期預金の解約方法は、銀行のサイトで解約手続きを行えば即時解約になります。

インターネット銀行の定期預金も既存の銀行と同じで、満期解約や中途解約が行えます。その場合に手数料がとられたり、元本割れをするなどのペナルティはありません。ただし、店舗型の銀行と同じように、中途解約をすると普通預金なみの中途解約利率に下がります。

大口の定期預金の解約方法としては、事前の連絡が必要なことがあります。まとまった金額を引き出すときは、銀行の規模によってはすぐに現金を用意できないからです。

銀行というと普段から大金が用意されているイメージがありますが、意外に現金のストックは少ないです。車を購入できるぐらいの金額を出金するときには、銀行に全額分のお金が無かったり、セキュリティ上の関係から、事前に連絡をした方が定期預金の解約手続きがスムーズに行えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

Copyright (C) 2008-2021 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.