定期預金はどこに預ける?

定期預金はどこに預ける?

定期預金を預ける場合は、やはり定期預金は普通預金よりも高い金利を期待して預入をする金融商品なので、できるだけ高金利を提供している金融機関を選びたいところです。

高金利の金融機関を選ぶ

高金利の金融機関を選ぶ

元本割れなどのリスクもなく、安全性の高い定期預金で資産運用しようと考えた時、「どこの金融機関に預入をすればよいのか?」は多くの人が迷うところです。

定期預金をどこで預けるかについては、経営が安定していて信頼できる金融機関がよい、あるいは窓口で実際に資料などを見ながら色々相談できる金融機関がよいなど、意見は様々です。

しかし、定期預金は普通預金よりも高い金利を期待して預入する金融商品ですから、やはりできるだけ高金利の金融機関を利用したいです。

金利で有利なインターネット銀行

金利で有利なインターネット銀行

金利の面で有利な金融機関といえば、インターネット銀行があげられるでしょう。

インターネット銀行は、三菱UFJ銀行やみずほ銀行といった大手都市銀行と比較して、定期預金の金利が何十倍になることも珍しくはありません。

例えば、じぶん銀行は3ヵ月満期の定期預金の金利が高いことで知られています。

じぶん銀行のサービス

じぶん銀行のサービス

じぶん銀行は様々なキャンペーンの中でも、新規口座開設者向けの3ヵ月満期の定期預金のキャンペーン金利は、大変に高い水準です。

また、銀行取引の内容に応じて、ATM手数料や他行宛振込手数料が無料になる「じぶんプラス」というサービスも嬉しいです。

そして、じぶん銀行ではPCはもちろん、モバイルでの取引に力を入れているので、携帯電話やスマートフォンのみで全ての手続きが完結できます。

新生銀行の定期預金

新生銀行の定期預金

インターネット専業銀行ではありませんが、新生銀行も特徴のある定期預金を提供しており人気があります。

新規口座開設者に向けたスタートアップ定期預金はかなりの高金利が提供されています。また、高金利が話題の2週間満期預金は、預入金額が50万円からと少しハードルは高くなるのですが、2週間で満期日が来るので、急にお金が必要になった時でも中途解約することなく対応できます。

このように新生銀行の2週間満期預金は、定期預金であるにも関わらず、普通預金と同じ感覚で預入できる点が評価されています。

イオン銀行の定期預金

イオン銀行の定期預金

そしてイオン銀行の定期預金は、イオン系のスーパーを利用する人なら是非とも預入を検討したいです。

イオン銀行の定期預金はメガバンクの定期預金と比較して何倍かの金利ですが、インターネット銀行全体で見れば突出した金利ではありません。

しかし、イオンが発行している「イオンカードセレクト」というクレジットカードを利用することで、普通預金口座の金利を高くできます。

定期預金の情報収集

定期預金の情報収集

定期預金でかしこく貯蓄をするには、高い金利が適用されることはもちろん、その他の利便性にも十分に注意を払わなければなりません。

その上でさらにATM手数料の有無、特別金利キャンペーンを利用できるか?などのサービス面にも十分に考慮して情報収集することが大切です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2019 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.