定期預金って何?

定期預金とは

定期預金って何?定期預金とは、満期までの一定のさだまった期間は預け入れたお金が引き出せない代わりに、通常の普通預金よりも高い金利が約束されている金融商品です。

定期預金の預け入れ期間

一般に、定期預金の預け入れ期間が長いと、定期預金の金利は高くなります。なぜかというと、利用者のお金の流動性がより長く金融機関によって制限されるからです。その定期預金の預け入れ期間というのは、利用者が最初に選べます。

金融機関によってもまちまちですが、ごく一般的な例として、メガバンクの三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行などの定期預金を見てみると、定期預金の預け入れ期間は1ヶ月〜10年です。

銀行の定期預金の預け入れ期間は1ヶ月〜10年です。

ただし、最近では「超短期の定期預金」も見られるようになり、楽天銀行の定期預金のように7日や14日といったごく短い期間で満期がくる定期預金もあります。

定期預金の中途解約

基本的に定期預金は、満期日までは解約や一部引き出しなどができない商品内容です。しかし、どうしてもお金が必要になった時には、定期預金を中途解約することができます。その場合は、預け入れ当初に約束された(約定した)高い金利ではなくて、ペナルティ金利が適用されることになります。

課せられるペナルティ金利は金融機関によって違いますが、おおよそ普通預金の利率、あるいは普通預金以下の低い利率となります。具体的な例としては、大和ネクスト銀行の定期預金のペナルティ金利は、一律で「0.005%」と定められています。また楽天銀行の場合は1年未満の定期預金であれば、「約定利率×5%」です。

元本保証の安心感が定期預金のメリットの一つ

このように中途解約をするとペナルティ金利が課されますが、定期預金は預け入れたときの金額(元本)よりお金が減ることはありません。ちなみにこれを元本保証と言います。他に有名な元本保証の商品としては、個人向け国債をあげることができます。

このように定期預金は元本保証の商品なので、預け入れのすべての期間において元本が減る(元本割れ)ことがありません。この元本保証の安心感が定期預金のメリットの一つとなっています。

定期預金の金利

定期預金の金利は金融機関によって違いますが、預け入れ期間が長くなるほど高くなるのが普通です。しかし日本銀行(日銀)のマイナス金利政策が2016年2月16日に施行されてからは、多くの金融機関において、多くの定期預金の金利が預け入れ期間に関係なく年0.001%になっています。

日本銀行(日銀)のマイナス金利政策

高金利で知られているインターネット銀行でも全体的に定期預金の金利は下がり、年0.10%もあれば良いと言える状態です。

ただし、インターネット銀行の中でもオリックス銀行じぶん銀行SBJ銀行などは、金利キャンペーンを行ってより高い優遇金利の定期預金を提供している場合もあります。

定期預金の単利と複利

また、定期預金の金利には単利と複利という2つの種類があります。まず単利とは、預け入れた元本に付いた利息は、元本と別にして扱います。

それに対して複利は、元本についた利息を再び元本に組み入れて、両者(元本と利息)が一体になったものを新しい元本として、もういちど預け入れます。ですので複利は雪だるま式に預け入れた資金が増えていく可能性があります。

複利は雪だるま式に預け入れた資金が増えていく

一般的な定期預金では、預け入れ期間が3年未満は単利であり、3年以上が複利となっています。具体的な例としては、高金利で知られるあおぞら銀行の定期預金の金利(あおぞらネット定期)は、1年ものは単利型ですが、3年ものや5年ものとなると半年複利型となります。

半年複利とは、半年ごとに利息の計算がなされて、その利息が元本に組み込まれていく仕組みです。半年複利は1年複利よりも利息の付き方が大きいので、あおぞら銀行のあおぞらネット定期はよりお得な定期預金だと言えます。

定期預金の固定金利と変動金利

さらにもう少しだけ定期預金の金利のお話をつづけると、定期預金の金利には固定金利と変動金利があります。固定金利の定期預金とは、預け入れたときの金利が満期までずっと続くものです(定期預金の金利が変わらない)。

変動金利の定期預金は金利が変わる

それに対して変動金利の定期預金は、預け入れたときの金利が変わります。これはその時々の金融情勢を反映して、おおくは6ヶ月ごと(半年ごと)に見直しがおこなわれます。

一般に定期預金をインフレに対応させるには、半年ものや1年ものなどの期間の短い定期預金に預け入れて、満期解約のときに金利の見直しを行うことが大切です。しかし変動金利型の定期預金であれば、金融情勢に連動して金利が高くなるので、インフレにも対応が可能です。なお、大抵の定期預金は固定金利です。

スーパー定期とスーパー定期300と大口定期

多くの金融機関において、定期預金の一般名称は「スーパー定期」と呼ばれていることが多いです。そして預け入れ金額が300万円以上になると「スーパー定期300」、さらに預け入れ金額が1,000万円以上になると「大口定期」です。

通常は「スーパー定期」「スーパー定期300」「大口定期」と預け入れ金額が増えるにつれて、預金金利も高くなるのが普通です(日本銀行のマイナス金利政策以降は、そうならないケースもあります)。

安全性が定期預金の大きな魅力の一つ

ただし、1,000万円を越える定期預金にはリスクがあります。定期預金は日本円の預金なので、たとえ預け入れている金融機関が破綻をしたとしても、預金保険制度によって1,000万円までの元本とその利息が保護されます(ペイオフ)。

もう少し詳しく言うと、一金融機関一預金者あたり、保護の対象となる普通預金や定期預金を合算して、1,000万円までの元本とその利息が保護されます。この安全性が定期預金の大きな魅力の一つとなっています。

しかしながら大口定期のように1,000万円を越える定期預金については、全額が保護の対象とはなりません。ですので、この場合のおすすめの方法としては、預け入れるお金を1,000万円未満となるように複数に分割をして、それぞれのお金を複数の金融機関の定期預金に預けた方が安全です。

定期預金の解約と継続

定期預金はいずれ満期がおとずれます。その時の対応方法には、「自動解約」と「自動継続」があります。自動解約は文字通り自動的に定期預金が解約されます。そして元金(預けたお金)と税引き後の利息が普通預金口座に振り込まれます。

自動解約と自動継続

それに対して自動継続は、その継続する時点での新しい金利で引き続き定期預金にお金が預け入れされて運用されます。その自動継続には、さらに2つのパターンがあります。それが「元利継続」と「元金継続」です。

1つめの元利継続とは、満期を迎えた定期預金には受取利息(もらえる利息)が付きますが、元金にその受取利息を加えたお金を丸ごと「新しい定期預金の資金」として運用するもののことです。

2つめの元金継続とは、定期預金に預け入れて満期を迎えたら、元金(預けたお金)だけを再び新しい定期預金として運用するものです。この場合の受取利息は別途、税金が引かれた後に普通預金口座に振り込まれます。

一般には定期預金が満期を迎えたら、自動継続にして元利継続を選んでおくと、受け取った利息も新しい元金の一部として運用されるので、複利的な効果が得られてオトクです。ただしこの場合、受け取った利息には税金がかかるので、税引き後の利息が元金に組み込まれることになります。

おすすめの定期預金

定期預金は商品内容がシンプルなので、どの金融機関の定期預金も似ています。しかし金融ビックバン以降、金融機関は自由に金融商品の金利が設定できるようになりました。ですので金融機関によって定期預金の金利は異なっています。

おすすめの定期預金

そのような中で利用者にとって人気がある定期預金は、やはり金利が高い高金利の定期預金です。店舗型の都市銀行地方銀行の定期預金の金利はおしなべて低いですが、インターネット銀行(インターネット支店)の中には金利の高い定期預金も存在します。

具体的には、オリックス銀行じぶん銀行SBJ銀行静岡銀行インターネット支店、あおぞら銀行などです。これらの金融機関は定期預金のキャンペーンをしばしば行っているので、キャンペーン金利(上乗せ金利)が適用されるタイミングで預け入れをするとお得です。

定期預金と普通預金

日本銀行のマイナス金利政策が行われてから、定期預金の金利はとても低くなっています。代表的なメガバンクのみずほ銀行などでは、1年ものの定期預金の金利が年0.01%です。これは100万円を1年間預けて得られる利息が100円ということで、そこからさらに税金として20.315%(国税15%+地方税5%+復興特別0.315%)が差し引かれるので受取利息は約80円となります。

「定期預金に100万円を預けて、利息が80円です!」

このような現実から、定期預金から普通預金へ資金をうつす人が増えています。一般的な普通預金の金利は年0.001%と定期預金よりもさらに低くなりますが、どのみち得られる利息が少ないという点では変わりがありません。そこで、いつでも入出金できる普通預金の利便性(便利さ)を優先する人が増えているのです。

定期預金と普通預金

そのような状況の中で、とりわけ人気のある銀行がイオン銀行です。イオン銀行と銀行取引するとたまる「イオン銀行スコア」によって、普通預金の金利が年0.001%から最大で年0.120%にアップするからです。

年0.120%という預金金利は、インターネット銀行の定期預金の中でも高金利の部類に入ります。また、都市銀行や地方銀行などの実店舗型の銀行の定期預金の平均金利(年0.01%)よりも12倍ほど高いです。このようにイオン銀行の普通預金は、普通預金の利便性と定期預金に匹敵する高い金利の両方を兼ねそなえているために支持されているのです。

各ページのご案内

定期預金という金融商品

定期預金とは?

普通預金とは?

元本保証とは?

定期預金の期間

定期預金の解約

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2018 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.