オリックス銀行

オリックス銀行の特徴はネット銀行であり、取り扱う商品やサービスを特定の分野に特化している点です。幅広い銀行サービスを総合的に提供するのではなく、得意とする分野に焦点を絞って商品やサービスを充実させる戦略です。メインバンクとするよりも、サブバンクとして利用する方が力を発揮する銀行です。ちなみに以前の会社名はオリックス信託銀行でした。

具体的には、出張所にあたるローンプラザ以外には店舗を持たない無店舗型の銀行として、ダイレクトマーケティングに力を入れています。そのため、預金口座も通販型定期預金「ダイレクト預金」とインターネット取引専用の「eダイレクト預金」のみです(もちろん普通預金はあります)。ともに預金金利が高いことで知られていますが、さすがにマイナス金利などの影響もあることから、定期預金金利推移などを見ると他行と同じく金利水準は低下し続けています。新規口座開設時やボーナス期に行われる定期預金キャンペーンについても、もはや高金利とは言えず、それどころか金利低下の傾向にあります。ちなみに定期預金口座は円定期預金に限定されており、外貨定期預金の取り扱いはありません。

オリックス銀行では金銭信託に関しても、インターネット取引に限定した「eダイレクト金銭信託」のみとなっています。ダイレクトバンキングサービスに特化することによって、店舗維持費や人件費等のコストを抑え、その分を金利や配当という形で還元しています。

またオリックス銀行は、ローン商品にも力を入れており、「カードローン」、「不動産投資ローン」、「不動産担保ローン」という多彩な商品をそろえることによって、年々多様化する顧客のニーズに対応しています。

とりわけカードローンサービスはCMなどでも知られています。利用限度額は800万円で、借入利率が3.0%〜17.8%です。資金使途は自由ですが、事業性資金には使えません。申込みには、本人確認書類の写し、 所得証明書類の写し、預金口座振替依頼書が必要です。利用者は毎月決まった収入のあることが前提です。

オリックス銀行の基本情報

銀行名:オリックス銀行株式会社

住所:〒105-0014 東京都港区芝3-22-8

電話:03-6722-3600(代表)

資本金:450億円

銀行コード:0307

SWIFTコード:OTBCJPJT

各ページのご案内

オリックス銀行の沿革

オリックス銀行の普通預金

特化した預金サービス

インターネットで金銭信託

オリックス銀行のeダイレクト2週間定期預金

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.