信託銀行

信託銀行は、普通の銀行のように預金、貸出、為替といった銀行業務に加え、信託業務も行っている銀行のことです。

信託銀行とは、利用者の金銭はもちろん、有価証券や不動産などの財産を預かり、運用・管理する業務です。法人の場合は、企業年金の運用を任されることもあります。

そもそも信託とは、信じて託す行為がはじまりです。委託者が信託契約や遺言により、信頼できる人=受託者に金銭や土地などの財産を名義ごと移転します。受託者は委託者の信託目的通りに執行します。委託者の指定する受益者には財産の管理・運用後の利益が支払われます。

信託商品は財産を預ける時に、名義が信託銀行の名義になります。そして、運営や管理が行われます。預けられた財産はそれぞれの信託契約や、信託銀行の自己財産とも分けて管理されます。そのため、信託銀行が倒産などしてしまっても、財産は保護されます。

さらに、不動産関係の様々な業務や、株式に関する事などを行う証券代行業務、親族が亡くなった時の、相続の手続きに関する業務も行っています。

信託銀行は、普通銀行と同じように利用する事ももちろん可能です。さらに個人や法人を問わず、信託業務についても利用ができるので、幅広い視野で財産の運用を任せることができます。

金融機関の業務分野規制のもと、信託業務が行える銀行は限られていましたが、1985年に外国銀行系信託銀行の営業が認められてから、普通銀行も信託商品を取り扱うようになっています。一説に少子高齢化が進み、投資信託や遺言信託の需要が高まっているからと言われています。普通銀行も信託商品を取り扱うようになったため、銀行、信託銀行に関わらず商品の開発が進んでいます。身近な銀行でどのような信託商品の取り扱いがあるか調べてみると、思わぬ優良商品に出会えるかもしれません。

各ページのご案内

信託銀行とは

信託銀行と銀行の違い

信託銀行のサービス

信託銀行のメリットとデメリット

信託銀行の金銭信託

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.