貯蓄預金

貯蓄預金は、1992年に販売が始まった、比較的新しい金融商品です。貯蓄預金とは、その名の示す通り、貯蓄を目的とした預金商品であり、普通預金よりも金利が高めに設定されています。

貯蓄のための金融商品と言えば、やはり定期預金を挙げる人が多いでしょう。定期預金は、普通預金よりも高めの金利が設定されており、種類も豊富です。近年、多様化が進み、宝くじや地域の特産品がもらえるといった特典のついた商品もあります。しかし、定期預金には、一度預金してしまうと満期を迎えるまでは、基本的に払い戻すことはできない、というデメリットがあります。このデメリットを解消した商品として登場したのが、貯蓄預金です。

貯蓄預金は、預入期間が設定されていないため、普通預金のように、いつでも必要な時に、お金を引き出すことができます。そのため貯蓄預金は、お金を貯めつつ、突然の出費があった場合にもスムーズに対応することができる流動性の高い預金商品として、発売当初は大きな注目を集めました。

貯蓄預金は、預入期間が設定されていない代わりに、預金残高に基準額が設定されています。一斉発売された当時の基準額は、20万円と40万円の2種類が主流でしたが、現在は10万円を最低の基準額に設定している金融機関が多いようです。

貯蓄預金への預け入れは、普通預金同様、1円以上1円単位から行うことが可能です。ただし、口座の預金残高が基準額以上でない場合は、貯蓄預金の金利は適用されず、普通預金の金利が適用されます。また金融機関によっては、ペナルティとして普通預金よりも低い金利が適用される場合もありますので、注意が必要です。

貯蓄預金は、普通預金や定期預金とセットで、総合口座の商品の一つとして取り扱われることが多く、普通預金との間でのスイングサービスも提供されています。スイングサービスとは、貯蓄預金口座と普通預金口座の間で、資金移動を行うサービスです。スイングサービスを利用すれば、決済口座として利用している普通預金口座の残高が不足した場合に、貯蓄預金口座の方から不足分の資金を送金することが可能です。

ここでは、あまり知られていない貯蓄預金の特長や、メリット・デメリット、貯蓄預金の賢い活用方法について解説していきます。

各ページのご案内

貯蓄預金の特長

貯蓄預金の金利

貯蓄貯金のメリット

貯蓄貯金のデメリット

貯蓄預金を扱う金融機関

貯蓄預金の活用

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.