普通預金の金利

普通預金の金利に注目します。

普通預金の金利の一覧

普通預金の金利ここでは普通預金の金利を比較します。 「代表的なインターネット銀行」 「三大メガバンク」 「ゆうちょ銀行」 の普通預金の金利を以下の表にあらわします(高金利の銀行を上から順にご掲載しています)。

銀行名をクリックすると、その銀行の公式サイトに飛んで普通預金の金利を確認することができます。ですので、ブックマークをしておかれると便利です。

銀行名普通預金の金利
イオン銀行0.02%(0.120%)
SBJ銀行0.02%
楽天銀行0.02%
オリックス銀行0.02%
ジャパンネット銀行0.01%
大和ネクスト銀行0.005%
じぶん銀行0.001%
ソニー銀行0.001%
静岡銀行0.001%
住信SBIネット銀行0.001%
東京スター銀行0.001%
関西アーバン銀行0.001%
新生銀行0.001%
セブン銀行0.001%
三菱東京UFJ銀行0.001%
三井住友銀行0.001%
みずほ銀行0.001%
ゆうちょ銀行0.001%

(2017年6月29日現在)

普通預金に関しては、年0.001%という大変に低い金利が、都市銀行から始まってインターネット銀行にも広がってきています。いつも横ならびの三大メガバンク(三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行)も年0.001%です。そして今までメガバンクよりも若干高い金利であったゆうちょ銀行も、メガバンクと同じ年0.001%にまで金利を下げています。

普通預金の金利が高い銀行として有名だったのが、セブン銀行です。しかし、日銀のマイナス金利政策以降は、セブン銀行の普通預金の金利も、メガバンクとほぼ同じ年0.001%レベルにまで下がっています。

そのような中で注目に値するのが、イオン銀行の普通預金の金利です。イオンセレクトカードを持つことが条件となりますが、通常の金利に年0.100%も上乗せされます。今現在ですと、イオン銀行の普通預金の金利は年0.120%となります。これは高金利と言われるインターネット銀行の定期預金の金利にも匹敵する高さです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.