銀行

銀行は保険会社や証券会社などと並んで、私達の生活には欠かすことのできない金融機関です。有名なところでは、三井住友銀行、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、ゆうちょ銀行、楽天銀行、セブン銀行、イオン銀行、住信SBIネット銀行、新生銀行、ソニー銀行などがすぐに思い浮かびます。銀行にはさまざまな種類があり、都市銀行、地方銀行、第二地方銀行、信託銀行、インターネット銀行などに分かれています。

一口で銀行の利用と言っても、多岐にわたります。定期預金や積立預金などの貯蓄の他に、クレジットカード、そして電気やガスなどの光熱費の支払い、さらには年金や給与の受け取りが一つの口座でできてしまう普通預金口座もあります。銀行はこのような高い利便性があるために、多くの人に利用されている金融機関です。ちなみに銀行に似た金融機関には、信用金庫や信用組合などもあります。これらの金融機関の方が地域社会との関係性は密であることが多いです。

銀行は店舗窓口で口座開設をした時点から、様々な取引ができるようになります。たとえば、資金を口座に入金すると、その口座が普通預金なら自動的に貯金をすることになります。普通預金は流動性の高い口座なので、入金後も自由に資金の出し入れができます。インターネット銀行では口座開設の申込みはインターネット経由で可能ですが、実際に口座が開設されるまでには数日から数週間を要します。

通常、銀行へ入金や出金をする場合には、自分が利用している銀行のATMやその銀行が提携しているATM(コンビニATMなど)で行います。自行の銀行ATMから口座へ入金するだけなら、ATMの利用手数料は無料です。提携ATMを利用する場合は銀行によりますが、条件付きで入出金手数料が無料になる場合が多いです。

また、銀行では預金やローンやキャッシングなどの金融商品を活用することの他に、両替や貸金庫の利用もできます。両替はATMコーナーに専用機が設置されていたり、窓口のみで行っていたりします。両替は1回に付き無料で行える金額(枚数)に決まりがあり、個人や事業主などが利用しています。そして貸金庫は有価証券や土地の権利書などの重要書類や、思い出の品などを預けるために利用できます。原則として貸金庫は銀行に口座を持っている個人や法人の使用になり、金庫の大きさごとに金額が決まっています。

さらに銀行は大きく分けて、店舗のある銀行とネット専業銀行に分かれます。インターネットの普及によって、2000年(平成12年)に誕生したのがインターネット専業銀行です。通称ではネット銀行やネットバンクとも呼ばれています。今ではその存在がすっかり定着して、多くの人に利用されています。金利が普通銀行より高くて、預金をするのにも適しています。ただし、普通銀行での取引では起こらない、ハッキングやワンクリック詐欺などのネット特有のトラブル(不正送金、フィッシング詐欺など)が問題になっており、セキュリティ対策が課題となっています。

各ページのご案内

振込手数料の無料回数

都市銀行 フォルダー

メガバンク フォルダー

地方銀行 フォルダー

第二地方銀行 フォルダー

信託銀行 フォルダー

スマートフォンの銀行 フォルダー

ゆうちょ銀行 フォルダー

銀行のATM フォルダー

全国銀行協会 フォルダー

MICS フォルダー

ペイジー フォルダー

信用金庫 フォルダー

信用組合 フォルダー

JAバンク フォルダー

日本銀行とは フォルダー

解約の基礎知識 フォルダー

銀行の情報 フォルダー

ネット銀行 フォルダー

銀行の金利 フォルダー

FRB フォルダー

ECB フォルダー

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.