定期積金

定期積金とは、定期的に金融機関にお金を積み立てることにより、満期日に積み立てた資金とその分の利息(給付補填金)を受け取ることができる金融商品です。積立式の金融商品であるという点は、積立定期預金と共通していますが、定期預金とは異なる性質の金融商品です。

定期積金は、あらかじめ設定した一定の金額を「掛金」として金融機関に払い込むことにより、満期日に「給付契約金」を交付してもらうという金融機関との契約です。つまり定期積金は、預金商品ではないのです。イメージとしては、学資保険や養老保険などの保険契約に近いものだと言えます。

定期積金は月々に払い込む掛込額と、満期を迎えた時に支払われる給付額が決められています。金利は固定金利であり、申込日から満期日まで同じ固定利回りで運用され、満期日後に一括で支払われます。

定期積金は定期預金とは異なり、積立期間を自分で自由に選ぶことが可能です。そのため、最終的な目標額と月々の掛金額を考慮して、自分で無理のない積立計画を立てることができます。また、中途解約することも可能ですので、急にまとまった資金が必要になった時にも、スムーズに対応することができます。

定期積金の掛金は、店舗窓口での払い込みや、普通預金口座からの自動振替えによって入金します。信用金庫信用組合などの地域性の高い金融機関では、顧客との信頼関係を築くために、自宅を訪問して集金を行っているところもあります。

定期積金は、地方銀行第二地方銀行をはじめ、信用金庫、信用組合、JA(農業共同組合)など、比較的規模の小さな金融機関で取り扱われています。それぞれの金融機関において、ベーシックな「スーパー積金」をはじめ、ふるさとの特産品がプレゼントされる「夢付き定期積金」や「こだわり積金」、子供の人数に応じて金利が優遇される「子育て応援定期積金」など、バリエーション豊かな定期積金が取り扱われています。

各ページのご案内

定期積金の特徴

定期積金と積立定期預金

定期積金の種類

銀行の定期積金

JAバンクの定期積金

信用金庫の定期積金

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.