定期積金と積立定期預金

定期積金と積立定期預金には、名前は似ていても大きな違いがあります。

定期積金と積立定期預金の満期日の違い

定期積金と積立定期預金は、いずれも積立式の金融商品であり、名前も似ているため混同されることが多いのですが、両者の間には大きな違いがあります。

定期積金と積立定期預金の違いとしてまずあげられるのが、満期日です。定期積金は毎月一定額の掛金を払い込むことにより、事前に設定した満期日に払い込んだ分の資金とその利息である「給付契約金」を受け取るという商品です。これに対して積立定期預金は、定期的に普通預金口座から定期預金口座へと資金を振り替えて、定期預金を作成するという預金商品です。

そのため積立定期預金は、資金を預け入れた日がそれぞれ定期預金の起算日となっています。つまり、1月に積み立てた資金は、来年の1月が満期日、2月に積み立てた資金は来年の2月が満期日といった形で、毎月の積立一つ一つが独立した定期預金となっているのです。満期日が一つに集約されているのか、分散しているのか、という点が、定期積金と積立定期預金の大きな違いの一つです

また定期積金と積立定期預金は、積み立て方にも違いがあります。定期積金は毎月一定の日に、決まった金額を積み立てます。一方、積立定期預金は、毎月の積立額が決まっている訳ではありません。積立定期預金は、口座振替による自動的な振替だけでなく、ATMからの随時入金や、ボーナス時等の増額積立が可能です。さらに金融機関によっては、普通預金口座の残高が最低指定残高を超えた場合に、超過分を自動的に積み立てるといった設定を行うことも可能です。

定期積金と積立定期預金は、どのように使い分けると良いのでしょうか。定期積金は契約時に満期日や目標額を設定することができる商品です。そのため「いつまでに、いくら貯めたい」というような具体的な目標額がある場合に活用すると良いでしょう。

一方、積立定期預金は、預入期間が設定されているだけで、月々の積立額も一律である必要はありません。また、それぞれの積立が独立した定期預金となっているため、満期を迎えたものについては個別に払い戻すことも可能です。そのため「具体的な利用目的はないけれど、毎月計画的に貯蓄して、将来に備えておきたい」といった場合に活用するとよいでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.