定期積金の種類

定期積金の種類は契約形態によって、4つに分類することができます。

定期積金の4つの種類

定期積金の種類は契約形態によって、「定額式定期積金」、「目標式定期積金」、「逓増逓減式定期積金」、「満期分散式定期積金vの4つに分類することができます。

定期積金の種類の中で、最も一般的な形態が「定額式定期積金」です。定額式定期積金とは、その名の示す通り、毎月、一定の金額を金融機関に積み立てる金融商品です。満期日以降に「給付契約金」という形で、積み立てたお金とその利息を受け取ることができます。イメージとしては、積立定期預金や学資保険に近い商品だと言えます。多くの金融機関で扱われている「子育て支援定期積金」や「年金受給者専用定期積金」などは、こちらの形態の商品が中心となっています。

もう一つの定期積金の種類として、「目標式定期積金」と呼ばれるものがあります。目標式定期積金は、契約期間と給付契約金を先に設定するタイプの定期積金です。つまり「いつまでに、いくら貯めるか」という「目標」を先に定めてから、積立を行うのです。毎月の掛金は、給付契約金を契約期間で割った金額となります。端数については、初回か最終回に加えることにより調整されます。

「逓増逓減式定期積金」は、掛金の額が変動する種類の定期積金です。定額式定期積金や目標式定期積金の掛金額が、最初から最後まで一律に定められているのに対して、逓増逓減式定期積金は、1年単位で掛金を増額したり、減額したりすることができます。収入が増えたから来年からはもっと多めに積み立てよう、ということもできますし、今年は子供が入学して学費がかかるので掛金を減額しよう、ということもできます。その年のマネープランに合わせて掛金を見直すことができるので、無理なく継続的に積み立てられます。

定期積金の種類の中で、給付契約金の受け取り方式に特徴があるのが、「満期分散式定期積金」です。満期分散式定期積金は、毎年、給付契約金を受け取ることができる定期積金です。預入期間は、2年〜10年と比較的長めに設定されていますが、預入日から1年ごとに満期が訪れて、積立期間に応じた給付契約金を受け取ることができます。他の定期積金よりも流動性が高いタイプの商品だと言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.