インターネットバンキングの不正送金

自宅にいながら振り込みを行ったり、通勤時間を使って資産運用をしたり…。いつでも、どこからででもインターネット経由で銀行取引を行うことができるインターネットバンキングは、平日仕事で銀行へ行くことができないサラリーマンや、小さな子供がいるため外出が困難な子育て中の主婦などにとっては大変ありがたいサービスです。

金融ビッグバン以降「新たな形態の銀行」として誕生したインターネット専業銀行は、従来の銀行にはない利便性の高いサービスや高金利の金融商品を売り出すことにより金融業界に一石を投じ、金融機関の顧客獲得競争に火をつけました。その結果、メガバンクはもちろん、地方銀行や第二地方銀行、信用金庫や信用組合といった比較的規模の小さな金融機関までもがインターネットバンキングサービスの提供を行うようになりました。今ではインターネットバンキングサービスは、ほとんどどこの銀行でも提供されている基本サービスとなっています。

また、ここ数年間でタブレットやスマートフォンが急速に普及したことにより、インターネットバンキングサービスの利用者数も大きく増加し、利用者層の幅も広がりました。インターネットバンキングサービスの利用者の増加に伴い、近年大きな問題となっているのが、インターネットバンキングを狙った様々なネット犯罪です。中でも不正送金被害はこの数年で急激に増加しており、被害にあった金融機関は今年だけで58行、被害総額は14億円を超えるなど、かなり大規模な被害が出ています。便利なインターネットバンキングですが、ネット犯罪についての情報と知識をもち、正しく利用しなければ、大切な資産を失いかねません。

ここでは、インターネットバンキングの不正送金被害の現状および、不正送金犯罪の巧妙な手口や危険なウィルスについて述べると共に、金融機関サイドの対策や個人で行うべき対策、そして、万が一被害にあってしまった場合の対応方法などについて述べていきます。

各ページのご案内

増加するインターネットバンキングの不正送金被害

インターネットバンキング不正送金の主な手口

巧妙化する不正送金の手口と進化するウィルス

金融機関の不正送金防止対策

不正送金の被害を防ぐ方法

不正送金の被害にあった時

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.