りそな銀行の普通預金

りそな銀行の普通預金は、「りそな普通預金」と言います。誰でも利用できる普通預金ですが、口座は一人一口座が勧められています。そして口座を開設する取引店も、自宅や勤務先の近くの支店が勧められています。

りそな普通預金の商品説明と変更手続き

りそな銀行の普通預金は、商品名を「りそな普通預金」と言います。誰でも利用できる普通預金ですが、口座開設に際しては、届出印となる印鑑と顔写真つきの本人確認資料が必要です。本人確認資料とはパスポートや運転免許証のような公的な資料のことです。このような顔写真付きの公的資料がない場合には、複数の本人確認資料の提示が必要になります。このりそな普通預金は原則として一人一口座がすすめられており、取引店も自宅や勤め先の近くの支店がすすめられています。

りそな普通預金には、預け入れの期間に定めはありません。預け入れ金額は1円以上1円単位です。預け入れの方法に関しては随時の預け入れで、現金以外にも小切手や証券類や他の預金口座からの振替や振込が可能です。証券類ならその証券類の決済日が預け入れ日になります。また、払い戻しの方法については随時引き出しが可能です。

りそな普通預金の利息については、適用される利率は、りそな銀行の店頭に表示される普通預金の利率です。利率はりそな銀行の公式ホームページの「預金金利」のコーナーでも確認をすることができます。利払いの時期については、毎年2月と8月の第2金曜日の翌日に元金に組み入れられます。そして利息の計算方法については、毎日の最終残高1,000円以上について付利単位を100円として1年を365日とする日割り計算を行います。なお、証券類については決算されるまでは残高の対象外です。

りそな普通預金の利息にかかる税金については、法人の場合は総合課税です。個人の場合は源泉分離課税で20.315%です。これは国税15%、復興特別所得税0.315%、地方税5%からなります。ただしマル優の場合は除かれます。

りそな普通預金は休眠口座になると手数料が請求されます。休眠口座と認定されるのは、2004年4月1日以降に新規で口座開設した1万円未満の口座で、最後の預け入れと引き出しから2年が経過しても一度も預け入れと引き出しがされていない場合です。休眠口座となった場合は文書で連絡が届き、その3ヶ月後から年間で1,296円(税込み)の休眠口座管理手数料が掛かります。残高不足で引き落としができない場合には、残金を休眠口座管理手数料の一部として、りそな銀行によって自動的に解約されます。

りそな普通預金に付加できる特約としては、4つあります。まず1つ目の特約は自動貸越サービスです。これは総合口座の当座貸越で個人のみが利用できます。総合口座にある担保定期預金の90%の金額もしくは上限200万円までを自動貸越サービスで利用できます。その際の貸越利率は担保定期預金の約定利率に0.5%を上乗せしたものです。担保定期預金の他に国債などを利用することもできます。その場合は、利付国債と地方債と政府保障債の額面合計の80%と、割引国債の額面合計の60%の総合計もしくは上限200万円の少ない方までの金額が利用できます。その際の貸越利率は、店頭に表示されている証券担保の総合口座貸越利率となります。

りそな普通預金に付加できる特約の2つ目は、マル優の対象取り扱い商品となることです。この場合の非課税限度額は最高で350万円です。そして特約の3つ目は、キャッシュカードが利用できることです。利用のためには別途申し込みが必要です。最後の4つ目の特約は、給与や年金や配当金などの自動受取りサービスと、公共料金やクレジットカードなどの自動支払いサービスが利用できることです。利用に際しては手続きが必要です。

りそな普通預金は預金保険制度の対象となる預金です。ただし預金の全額の保護を望むのなら、りそな普通預金(決済用)の利用がすすめられます。既存のりそな普通預金からりそな普通預金(決済用)への切り替えもできますし、新規でりそな普通預金(決済用)を開設することもできます。どちらも手数料は無料ですが、収入印紙代200円が必要です。この、りそな普通預金(決済用)は無利息ですが、預金保険制度によって預金の全額が保護されます。利息以外の事柄については、普通預金規定に則って運用されます。

また、りそな普通預金は、りそなリテール口座「くらしの通帳」としての利用が可能です。りそなリテール口座とは、いってみれば一般の銀行の総合口座にあたるものであり、「くらしの手帳」とはその総合口座にセットされた普通預金にあたるものです。

りそな普通預金を利用していて、万が一、キャッシュカードや印鑑や通帳をなくしたときには、平日の8時40分〜17時の間なら、すぐに取引店もしくは最寄りの店舗に電話で連絡をします。それ以外の平日の夜間や休日の場合は、クイックロビー運営センターのフリーダイヤル0120-30-1343に、海外からの連絡の場合は048-826-0311に電話をします。すると届出の住所宛てに案内状が送付されるので、再発行手続きの際にはそれをもって来店をします。その際に必要な持ちものは、1.キャッシュカードや印鑑の紛失の場合は、届出印と本人確認ができる書類と案内状です。2.印鑑の紛失の場合は、新しい届出印となる印鑑と通帳(証書)と本人確認書類と案内状です。

他に、引っ越しなどをすると住所変更の手続きが必要になります。その場合には、次のものを持って取引店(支店)にまで来店します。届出印と通帳、証書、キャッシュカードです。ただし、当座預金、外国為替、融資を利用している場合には、新旧の住所を確認することのできる公的な書類の原本が必要となります。具体的には、住民票(新旧の住所が記されているもの)です。また財形住宅や財形年金の非課税扱い制度やマル優やマル特の非課税扱い制度や投資信託の利用がある場合には、新しい住所の確認ができる公的な書類の原本が必要です。具体的には、住民票(新しい住所が記されているもの)です。これらの引っ越しにともなう住所変更の手続きは、パソコンが利用できるのなら、マイゲート(マイゲート契約者)やメールオーダーでも可能です。またコミュニケーションダイヤル(テレフォンバンキング)も利用できます。もし住所変更の手続きに際して、不明な点がある場合、または次の取引がある場合には、事前に取引店に問い合わせが必要です。投資信託、当座預金、外国為替、国債、融資、財形住宅や財形年金、マル優やマル特、教育資金贈与信託、NISA、結婚・子育て支援信託です。

結婚などにともなう姓名の変更があった場合にも、本人が最寄りの支店に来店をすることで手続きが行えます。取引店でない場合には、当日は受付けのみとなり、手続きの完了は後日となります。姓名の変更手続きに必要な持ちものは、次のとおりです。届出印(すべて)、新しい届出印となる印鑑、通帳と証書とキャッシュカード(すべて)、新しい氏名が確認できる本人確認資料の原本(運転免許証など)。そして外国為替、当座預金、融資を利用している場合、もしくは通帳と証書とキャッシュカードと届出印を紛失中の場合は、1つの書類で古い氏名と新しい氏名が確認できる公的な書類の原本も必要です。具体的には、運転免許証、戸籍謄本(抄本)、戸籍記載事項証明書などです。また、姓名の変更手続きに際して、次の取引があるか、もしくは不明な点がある場合には事前に取引店への問い合わせが必要です。当座預金、外国為替、国債、投資信託、融資、マル優やマル特、財形住宅や財形年金、教育資金贈与信託、NISA、結婚・子育て支援信託です。

さらに取引店を変更したい場合には、次のものを持って現在の取引店か今後利用したい支店に来店します。届出印(すべて)、キャッシュカード(すべて)、通帳・証書(すべて)です。すると手続き後にはがきで手続き完了の連絡が届きます。そうしたら新しい通帳(新しい口座番号のもの)が発行されるので、今後利用する取引店にはがきと所持している通帳を持って来店します。新しいキャッシュカードについては、届け出た住所に簡易書留郵便で郵送されます。

ここで最後となりますが、りそな普通預金の口座開設に関する問い合わせは、フリーダイヤルの0120-24-3989(受付時間24時間)に問い合わせをすることができます。また、りそな銀行が契約をしている指定紛争解決機関は、一般社団法人全国銀行協会です。連絡先は全国銀行協会相談室で、電話番号は0570-017109、もしくは03-5252-3772です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.