ハイリスクハイリターンとは(一般論)

ハイリスクハイリターンとは、高い危険と高い利益を指します。

賭けに勝つ自信が持てればよい

先ほどリスクについて書き込みました。今度は投資する場合に重要な考え方である、ハイリスクハイリターン及びローリスクローリターンのうち、ハイリスクハイリターンの話をしていきます。一般的に投資を行う場合、これらを組み合わせて余剰資金を喪失するリスクヘッジを行います。

では、今回のお話の中心であるハイリスクハイリターンとはどのようなことを指すのでしょうか。

そもそもハイリスクハイリターンとは、読んで字のごとく、高い危険と高い利益を指します。高い危険というのにも色々ありますが、常識的に考えた場合、どう考えても計画通りに行く見込みが少ないというものがハイリスクになります。

同じ銀行であっても国によって金利が変わります。日本のように世界的に見て信用力のある国は、金利が低くても投資資金が流入します。なぜなら、額面に書かれている通り、例えば1年で○○%であれば○○%の利息がきちんと付いて元本とともに返ってくるからです。

一方、信用力の低い国の銀行金利は高いです。どうしてかといえば、信用力が低い、つまり、計画通りに事が進まない可能性が高く、途中でデフォルト(債務不履行)を起こし、せっかく投資した資本を失う危険があるからです。

ここにハイリスクハイリターンと言う考え方の初歩を見ることができます。日本などの信用力の高い国と違って、信用力の低い国において、デフォルトの危険があることは承知であるけれども、信用力の高い国と違って、デフォルトさえなければ高い利益が生まれる。博打もそうですが、一攫千金という言葉に代表されるように、賭けに勝つ自信が持てればよいのです。

ここにハイリスクハイリターンの魅力があると言えます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.