ペイオフでの名寄せ

ペイオフでの名寄せとは、同一名義の口座をひとまとめにすることです。

名寄せは、ペイオフで救済策するための作業

ペイオフでの名寄せとは、1つの金融機関に預金している預金者が、同一名義で複数の口座を保持している場合、それらを合算することです。たとえば、同じ人が同じ銀行に普通預金と定期預金の口座を開設している場合は、その口座の金額が集計されます。それが名寄せと呼ばれます。

なぜペイオフでの名寄せが必要なのかは、預金保険制度のペイオフの条件である、「預金者1人当たり、元本1000万円以内+利息」の金額が関係するためです。破綻した金融機関の中に、同一人の複数口座がある場合、残高を合算します。そして、その金額が1000万円以上になるかならないかを算定します。ですので、ペイオフの対象になっている金融商品の預金額は、1つの銀行に付き合計1000万円までにするのが、ペイオフの対策となります。

ペイオフの名寄せ作業は、銀行ではなくて預金保険機構で行われます。名寄せをするのに必要なデータは、氏名、生年月日、住所(法人は名称、設立年月日、所在地)、電話番号などになります。そのため、引っ越しや結婚などで住所や電話番号、氏名が変わった場合は、すみやかに変更手続きを行いましょう。引っ越しなどの場合で利用していた支店から遠く離れる場合は、解約手続きを行う方が安全かもしれません。

同じ銀行を家族全員が利用している場合は、ペイオフでの名寄せが一家族名義で行われることはありません。家族や夫婦といっても一個人として別名義で名寄せされます。しかし、家族の名義を借りて作った預金口座の場合は、他人名義預金となって保護の対象外になるので注意したいです。

また、個人で事業を行っている方が、個人用の口座と事業用の口座を同じ銀行で作っている場合があります。このような場合はペイオフでの名寄せによって、両方の口座の金額を合算して集計します。そのため、万が一の場合があるので、個人用と事業用の口座は違う金融機関で作っておくのが安心です。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.