三菱東京UFJ銀行の定期預金

三菱東京UFJ銀行では大きく分けて4つの定期預金があります。また三菱東京UFJ銀行のメインバンクプラスや三菱東京UFJダイレクトなどを活用することで、ATMや他行宛振込手数料が無料になる割引を受けることができます。

スーパー定期、大口定期、期日指定定期預金、自動つみたて定期預金

日本最大のメガバンクとして知られる三菱東京UFJ銀行では、実に様々な預金商品が取扱われています。中でも定期預金は主な預金商品として大きな位置を占めています。三菱東京UFJ銀行の定期預金にはスーパー定期、大口定期、期日指定定期預金、自動つみたて定期預金と大きく分けて4つの定期預金があります。各々の定期預金についてどのような特徴があるのかを見ていきましょう。

多くの金融機関で代表的な定期預金として扱われているスーパー定期は三菱東京UFJ銀行では単利型と複利型の2種類に分かれており、それぞれで少しずつ内容が異なります。単利型では預け入れ期間は1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、4年、5年、6年、7年、8年、9年、10年となっています。また、1ヶ月超え〜5年未満で満期日を設定する方法もあります。預け入れ期間が2年未満の場合には、利息は満期日以降に一括して支払われますが、預け入れ期間が2年以上ならば中間利払い日に利息が一部支払われます。さらに預け入れ期間が2年の商品に限り、中間払い利息を定期預金にすることができるのが大きな特徴です。そして満期時の取り扱いについてですが、2年未満の預け入れ期間の場合には、元利継続、元金継続、または自動解約を選択できます。預け入れ期間が2年の場合、中間払い利息を定期預金にするならば元利継続か自動解約を選ぶことになります。また中間払い利息を普通預金口座に払い戻しをするのであれば、元金継続か自動解約のどちらかを選択することになります。預け入れ期間が3年以上の場合なら、元金継続か自動解約のどちらかを選びます。複利型では預け入れ期間は3年、4年、5年、6年、7年、8年、9年、10年となっていますが、3年超え〜5年未満で満期日を指定することもできます。利息は満期日以降に一括して支払われます。単利型、複利型どちらの場合も1円以上1円単位での預け入れが可能ですが、300万円以上になるとスーパー定期300という商品名になり有利な金利が適用されます。

大口定期は預け入れ金額が1,000万円以上の場合に預け入れをする定期預金です。預け入れ期間は1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月、6ヶ月、1年、2年、3年、4年、5年、6年、7年、8年、9年、10年となっています。または1ヶ月超え〜5年未満で満期日を指定することもできます。預け入れ期間が2年未満ならば利息は満期日以降に一括して支払われますが、預け入れ期間が2年以上なら中間利払い日に利息が一部支払われます。満期時の取り扱いは預け入れ期間が2年未満の場合は元利継続、元金継続、自動解約から選択します。預け入れ期間が2年の時に限り中間払い利息を定期預金にできるのはスーパー定期と同様ですが、その場合には満期時の取り扱いは元利継続か自動解約のどちらかの選択となります。そして中間払い利息を受け取るのであれば、元金継続か自動解約のどちらかの選択となります。預け入れ期間が3年以上の場合には満期時の取り扱いは元金継続か自動解約のどちらかを選ぶことになります。このほかに大口定期では預け入れ期間に拘わらず、満期が来た時点で継続方法を決めることもできるのがスーパー定期とは大きく異なる点です。

また、期日指定定期預金は1年間の据え置き期間を経過すれば、預け入れ金額の一部、もしくは全額を自由に引き出せる商品です。預入日の1年経過後から最長預け入れ期間である3年以内の任意の日を満期日に指定することができますし、指定がなければ最長預入期限が満期日となります。預け入れ金額は1円以上300万円以下で、利息は満期日以降に一括して支払われます。

そして自動つみたて定期預金は、少しずつでも確実に貯められるおすすめの定期預金です。積み立てる度に自動継続扱いのスーパー定期、または期日指定定期預金として預け入れをしていきます。預け入れ金額は1円以上1円単位、預入方法としては普通預金口座からの口座振替か、直接預け入れる随時入金を利用できます。自動振替の場合、振替日は毎月一定の日で預け入れ金額は1万円以上ですが、エコ通知やインターネットバンキングを利用していれば1,000円から預け入れができます。自動振替のサイクルは毎月、3ヶ月毎、年1〜2回の特定月から選べますが、通常サイクルの他に上乗せして預け入れができる積増月を年2回まで指定することもできます。自動つみたて定期預金は総合口座通帳には含まれませんが、他の定期預金と同様に総合口座の担保として利用することができます。

せっかく三菱東京UFJ銀行の定期預金に預け入れをするのであれば、もっと三菱東京UFJ銀行を上手く活かして各種手数料の割引サービスを利用してみてはいかがでしょうか。例えば、三菱東京UFJ銀行で利用している普通預金口座を、メインバンクプラスと呼ばれるスーパー普通預金に変更してみましょう。新規口座開設の必要などもなく、口座番号の変更もありません。併せてインターネットバンキングである三菱東京UFJダイレクトに申し込みをします。すると国内本支店での取引実績に応じて、各種の優遇を受けることができます。定期預金の残高が10万円以上あれば、三菱東京UFJ銀行のATM利用手数料が何度でも無料で利用できますし、定期預金の残高が30万円以上になれば、それに加えてコンビニATM手数料が月に3回まで無料になります。更に定期預金残高が500万円以上になれば、三菱東京UFJ銀行ATMの手数料は無料、コンビニATMは月に3回まで手数料無料となるのに加えて、三菱東京UFJダイレクトによる他行宛振込手数料が月に3回まで無料になります。ちなみに三菱東京UFJダイレクトに登録していると残高照会などはもちろん、各種手続きをWEB上で済ませたり様々なキャンペーンを利用することができるので、大きな人気になっています。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.