三井住友銀行

三井住友銀行は3大メガバンクの一つである、三井住友フィナンシャルグループ傘下の都市銀行です。2001年に住友グループの住友銀行と、三井グループのさくら銀行が財閥の壁を越えて合併し、設立しました。本店は東京にありますが、住友グループの拠点である関西地方にも根強い基盤を持っているため、首都圏、近畿圏、そして中京圏という三大都市圏で営業を展開しています。

メガバンクの中ではいち早くリテール分野に力を入れており、預金口座の取引状況や口座の残高に応じて、各種手数料を割り引きするサービスを付与したり、同グループ傘下の三井住友カードと連携したクレジットサービスを提供したりと、個人向けの金融商品やサービスはとても充実しています。

また、中小企業向けの融資にも力を入れており、条件を満たしていれば、無担保、第三者保証不要で最大 5,000万円までのまとまった融資をうけることができる「ビジネスセレクトローン」をベースに、環境に配慮した企業活動をしている場合に貸出金利が優遇される「SMBC-ECOローン」等、多様なビジネスローン商品を取り揃えています。さらに、三井住友グループ傘下のシンクタンク、日本総合研究所と連携し、企業評価活動と資金調達をセットにした商品を提供する等、事業者・企業の特性やニーズに合わせたバリエーション豊かな資金調達方法を取り揃えています。

ここでは、三井住友銀行の成り立ちや特徴、そして三井住友銀行が力を入れているリテール分野のサービスについて解説していきます。

三井住友銀行の基本情報

銀行名:株式会社三井住友銀行

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-1-2

電話:03-3282-1111(代表)

資本金:1兆7,709億円

各ページのご案内

三井住友銀行の沿革と特徴

4タイプの預金口座

SMBCダイレクト

個人向け金融商品

ビジネスローンの開拓

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.