第二地方銀行の特徴

第二地方銀行の多くが、民間の金融機関、無尽講に源流を持っています。

小規模で地域密着型の金融機関

先に述べた通り、第二地方銀行は、地方銀行や都市銀行とは異なる形で誕生・発展してきた金融機関です。ここでは、その歴史的背景が具体的にどのような特徴として現れているのか、第二地方銀行の特徴、メリットやデメリットについて述べていきます。

現在ある第二地方銀行の多くが、入札形式で金品の給付を受ける民間の金融機関、無尽講に源流を持っています。つまり、元々は銀行というよりも、商工ローンや消費者金融に近い金融機関であったのです。そのため、一部の銀行を除き、基本的に第二地方銀行は、小規模で地域密着型の金融機関であるという特徴を持っています。

資産規模が小さいため、当然のことながら大企業が求めるような、巨額な融資等には対応することができません。また、外貨預金や投資信託といった資産運用商品の取り扱いも都市銀行ほど充実しているとは言えません。地域密着型であるため、営業地域外には支店が少ないという点もデメリットの一つです。

その一方で、地域密着型金融であるからこそのメリットも数多くあります。営業地域内においては支店数が多く、ATMも駅はもちろん商店街、ショッピングセンター内等、生活圏に数多く設置されているのでとても利便性が高いと言えます。

また、地域密着型金融として、地元中小企業への資金調達やベンチャー企業への育成支援等、地域内での融資活動には積極的に取り組んでいます。個人の顧客への融資にも積極的であり、住宅ローンはもちろん、マイカーローン、教育ローンといった様々なライフステージに対応したローン商品を取り扱っています。また、カードローンやフリーローンは、利用金額や利用者の収入状況別に、複数の商品を取り扱うなど、幅広い人達が無理なく利用できるような工夫がされており、こうした所にも無尽講時代の相互扶助の理念が反映していると言えます。

このように、第二地方銀行は独自のメリット・デメリットを持っています。これらの特徴を踏まえた上で、都市銀行や地方銀行と併用し、使い分けることにより、メリットを最大限に活かして利用することが可能となるでしょう。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.