定期預金の解約

中途解約となると、金利がかなり低く設定されてしまいます。

満期解約と中途解約の2種類

定期預金の解約はしない方が理想的です。

定期預金には満期解約と中途解約の2種類があります。定期預金は組んだプランの期間を終えるまで解約はできません。たとえば、3年の定期なら3年間は引出しも入金も出来ません。

定期預金の解約

しかし、お金が急に必要になる場合もあります。まとまったお金ならば、たとえ金利が下がってしまうとしても、金融会社で借入をするよりも定期預金を解消してしまった方が良いです。そのような時には定期預金の解除も可能ですが、この様な場合は中途解約となってしまい金利がかなり低く設定されます。

次に満期解約ですが、これは申込時の期間を終えての定期口座解約となります。この場合は、中途解約と異なり、設定されていた金利を満額受け取れます。

定期預金口座を解約する場合は、定期預金口座を開設した支店のみの手続きになります。定期預金口座を開設していない同じ銀行の支店では解約することができないので注意が必要です。

定期預金の解約は、銀行に通帳か証書を用意して、登録印鑑をもって手続きします。定期預金の払戻請求書に必要事項を記入して捺印をしたら、窓口へ持って行きます。そして払戻請求書と通帳か証書を提出すれば手続きは完了です。

また、家族が定期預金の解約をする場合、委任状が必要になります。この委任状に、本人の署名と捺印が必要なのであらかじめ用意しておきます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.