子供名義の定期預金

子供名義の定期預金を作る最初のステップは、子供名義の総合口座を開設することです。一般に子供が一定の年齢以下の場合には、親権者が代理で口座開設をします。その際に必要なものは、子供の本人確認書類、手続きをする人が子供の親権者であることを証明する本人確認書類、そして印鑑です。

ネット銀行でもできる子供名義の口座開設

最近では多くの金融機関から子供向け口座が提供されており、子供の金銭教育のためお年玉やお祝い金を子供の口座で管理させる例が随分増えてきています。例えば教育資金を定期預金にして子供名義の口座に預入れしておけば、生活費と混同してしまうこともないでしょう。では、子供名義の定期預金はどのようにして作ればよいでしょうか。

子供名義の定期預金を作るには、まず子供名義の総合口座を開設することになります。銀行によって異なりますが、子供が一定の年齢以下の場合は親権者が代理で口座開設をしなければなりません。その場合に必要なものは、子供の本人確認書類(健康保険証、パスポートなど)、手続きをする人が子供の親権者であることを証明する本人確認書類(運転免許証、パスポートなど顔写真付きのもの)、そして印鑑です。

手続きをする人が口座名義人と異なるのですから、金融機関では口座開設に際して慎重に手続きを進めます。注意点としては自宅から近い支店で手続きをすること、キャッシュカードを発行するための暗証番号を事前に相談して考えておくこと、またできれば子どもと一緒に手続きに行くことが挙げられます。そうすることで銀行側に要らぬ不信感を抱かせずにスムーズに手続きを進められます。

ネットバンクでは更に手軽に口座開設することができますが、子どもの年齢によっては口座開設ができない銀行もあります。そんな中、ソニー銀行やイオン銀行、楽天銀行などは年齢にかかわらず子供名義の口座を開設することができます。また、ネット銀行では同行宛なら振込手数料が無料になるケースが多いので、親と同じネット銀行を選べばお得に利用することができます。口座開設手続きには子どもの本人確認書類と親権者の本人確認書類の郵送が必要な銀行が多いですが、各銀行によって多少異なりますので銀行の公式ホームページなどで必ず確認してください。

子供名義の定期預金を作って教育費用を貯蓄するという方法には一つデメリットがあります。子供のためにと貯金したお金が、保護者からの贈与とみなされて贈与税がかかってしまうケースがある事です。通帳や印鑑を保護者が管理している間は保護者の財産であるという扱いですが、通帳や印鑑を子供に渡せばそれは贈与とみなされます。その時に残高が110万円を超えていると贈与税がかかってしまいます。通帳と印鑑の管理を本人に任せてしまう前に、学資として積立した金額はその目的のために使い切ってしまいましょう。そうすれば税金がかかることもありません。

子供の名義の定期預金は、保険会社から提供されている学資保険やこども保険などと違い、解約しても返戻率が元本を割ってしまうこともありません。満期日ごとにお得なキャンペーン商品などを探して、賢く運用して下さい。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.