定期預金の単利と複利の計算方法

定期預金の利息計算では、金額、預入期間、金利などが同じ条件であるなら、単利よりも複利の方が利息の増え方は大きいです。半年複利なら、利息の増え方は更に大きくなります。

複利と元利自動継続の比較

定期預金の利息の計算方法には単利と複利があります。定期預金の預入において、金額、預入期間、金利が同じならば、単利で預けるよりも複利で預けた方が利息は多くなります。では具体的には、単利と複利の利息の付き方はどのように違うのでしょうか?

まず定期預金においては元本を預け入れます。そこで1年毎に計算される利息分は組み込まず、再度元本のみで運用するのが単利です。それに対して、計算される利息分を元本に組み込み、それを新たな元本として運用する仕組みが複利です。また、複利には半年複利という利息の計算方式もあります。1年ごとではなく、半年ごとに利息計算をして元本に組み込んでいくので、1年複利よりも更に有利にお金を運用できます。

このように複利は単利と比べて有利な運用方法なので、できる限り利用したいです。しかし複利は満期が3年以上の定期預金に対して適用されることが多く、ソニー銀行などで一部取扱いはあるものの、満期の短い定期預金にはあまり適用されません。ただ、3年未満の単利の定期預金でも、満期時に元本と利息を足して継続される元利自動継続扱いを指定すれば、複利と似たような効果が得られます。

しかし、複利と元利自動継続とでは課税方式が異なりますので、全く同じように利息が増えていくという訳にはいきません。定期預金では満期時一括課税方式を採用しているので、満期日を迎えた時に課税されます。例えば3年複利の定期預金では、3年後に満期日が来た時点で課税されます。それに対して、1年単利の定期預金を元利自動継続で運用する場合には、1年後に最初の満期日、つまり自動継続日が来た時点で課税され、利息から税金を引いた残りを元本に足した金額で新たな定期預金を組むことになります。また元利自動継続は金利の変動に影響を受けるので、金利が下がってしまうと複利効果は薄れてしまいます。

それでは単利と複利でどれくらい利息が違ってくるのかをシミュレーションしてみましょう。利息計算は意外と簡単にできますので、計算式を覚えておくと良いでしょう。まず、「預ける金額(円)×金利(%)÷100」が利息の計算式になります。仮に預入金額が300万円で、金利が1%、預入期間が3年と考えてみましょう。すると単利の場合なら、1年目は「3,000,000円×1%÷100」で、30,000円の利息が付くことになります。2年目も「3,000,000円×1%÷100=30,000円」の利息です。そして3年目も同様に「3,000,000円×1%÷100=30,000円」となります。3年間で「30,000円+30,000円+30,000円=90,000円」の利息が付く計算となります。

そして複利の場合なら、「3,000,000円×1%÷100=30,000円」これが1年目ですが、2年目になると「(3,000,000+30,000)円×1%÷100」となり、30,300円の利息となります。そして3年目には「(3,000,000+30,300)円×1%÷100=30,303円」となり、3年間の受取利息の合計は「30,000円+30,300円+30,303円=90,603円」となります。単利か複利かの違いで受取利息は随分と変わるものです。ちなみにこれが半年複利になると、3年間の合計の利息は91,132円にもなります。

利息の計算が面倒ならば、金融情報サイトや金融機関がネット上で提供している定期預金の利息計算ツールを利用するのが便利です。復興特別所得税を含めた源泉分離課税分も計算してくれるので、税引き後の手取り金額が分かります。特にネット銀行の計算ツールは充実しており、楽天銀行(http://www.rakuten-bank.co.jp/assets/fixeddep/term/simulation/index.html)ではシミュレーションしたついでにそのまま定期預金の預入ができるようになっています。こうしたツールを上手に利用して資産運用に活かしたいです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.