地方銀行とは

地方銀行とは、全国地方銀行協会に加盟する銀行です。

全国に64の地方銀行が存在

地方銀行とは「全国地方銀行協会」に加盟する銀行であり、多くの場合、その本店がある道府県における最大規模の金融機関となっています。「第二地方銀行協会」の会員である「第二地方銀行」との対比から「第一地方銀行」と称される場合もあります。また、第二地方銀行をも含め、地方に拠点をおき地域経済を支えている銀行全体を「地方銀行」と表現する場合もあります。

大都市に本店を構え、全国規模で金融サービスを行っている三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などの都市銀行が、大企業と金融取引をし、日本経済の要としての役割を担っているのに対して、地方銀行は、地域の中堅・中小企業への融資やその地域に密着したサービスを提供することにより、地域社会の振興に貢献し、地域経済の要としての役割を担っています。

全国には64の地方銀行が存在しており、北海道・東北地方に11行、関東地方に9行、甲信越地方に4行、北陸地方に4行、東海地方に7行、近畿地方に7行、中国地方に5行、四国に4行、九州・沖縄に13行という分布になっています。

最も多くの本店を擁しているのは福岡県であり、福岡銀行、西日本シティ銀行、筑邦銀行、北九州銀行の4行の本店があります。また規模では横浜銀行、千葉銀行、静岡銀行の3行が大きく、三大地銀と呼ばれています。

1990年代、バブル経済の波に乗り、多くの地方銀行が大都市に進出しましたが、バブル崩壊とその後の不景気により撤退し、それぞれの地域に経営資源を集中させる傾向が強まりました。ところが近年のインターネットバンキングの発展により、多くの地方銀行がインターネット支店を持つようになり、再び地方銀行が競って全国展開を始めるようになりました。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.