定期預金のやり方

定期預金の預入をする際には、1年以内といった比較的短期の預入期間を選択して、なおかつ満期の取り扱いを自動継続にしておくと有利です。

利用目的に合わせて満期日を決める

超低金利時代が長く続き、定期預金に預入をしていない、定期預金口座を持っていないという人が増えています。定期預金での貯蓄は、金利が下がっていて利息も付きにくいと言われますが、運用方法によっては普通預金口座に置いておくよりずっとお得です。そこで定期預金の始め方はどうすればよいのか、どうやって定期預金を作るのかその流れを追ってみましょう。

金融機関に口座を作るには、口座を開きたい金融機関の窓口に印鑑と運転免許証などの本人確認書類、そして定期預金に預入するお金を持参します。またすでに普通預金口座を持っている場合なら、届け出印と通帳、預入するお金を持参します。本人確認証が必要な場合もありますので問い合わせが必要です。

定期預金は基本的には中途解約できない金融商品ですので、満期日まで使わないお金を預けるのが一般的です。例えば、自分の目標のための資金を他のことに使ってしまわないように預入しておくというのも定期預金のやり方の一つだと言えるでしょう。

それであるならば、近い将来に予定している旅行のための資金、自動車を買い替えるための資金、子供の進学のための資金といったようにお金が必要になる時期に合わせて定期預金を組むのはどうでしょうか。資金が必要になる頃に満期日がやってくるように預入期間を決めるのです。

ただし、期間の長い定期預金に預入をしてしまうのはあまり賢い方法とは言えません。現在は非常に低金利ですが、これ以上は金利が下がりにくい水準だと考えられます。そして一般的なスーパー定期などの定期預金は、固定金利が適用されています。ですので定期預金を長い預入期間に設定してしまうと、満期日が来るまでに金利が上昇するかもしれません。すると、もし金利が上昇しても定期預金の満期日までは預入時の金利が適用されるので、預入当初の低い金利のままで運用し続けることになってしまいます。

定期預金の預入をする際には、1年くらいまでの比較的短い預入期間を選択して、満期の取り扱いを自動継続にしておきましょう。満期日が来る頃には、預入した時よりも金利が高くなっているかもしれません。もしそうであれば満期日、つまり継続日の時点の金利が適用金利となり、これまでよりも高い金利で運用することが可能です。

最近ではネット銀行やインターネットバンキング、モバイルバンキングが定着してきており、わざわざ店舗に足を運ばなくても気軽に取引ができます。定期預金の口座開設や預入や満期取扱方法の変更の手続きなども、全てパソコンやスマートフォンで済ますことができます。こうしたネットバンクなどは実店舗を持たないため余計な経費がかかりません。その分都市銀行などより預金金利が高く設定されており、独自のユニークなサービスも多く提供されています。定期預金で貯金してみたいとお考えならば、利用を検討してしてみてはいかがでしょうか。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.