定期預金の分散

定期預金は分散して預入をするのが得策です。その理由は、満期前の全額解約を防ぐため、預金金利の変動に対応するため、そしてペイオフ対策です。

金額の分散と金融機関の分散

あなたは定期預金をどのように預入していますか?ある程度まとまった金額の貯蓄があって定期預金に預けたい場合、まとめて預けた方が良いのか、分けて預けた方が良いのか考えてしまうことはありませんか。結論から言えば、定期預金は分散して預入をするのが得策です。それにはいくつかの理由があります。

まず、定期預金が満期になる前に解約してしまうのを防ぐために資金は分散させる方が良いでしょう。例えば300万円のお金を定期預金で運用する場合、全額を一つの定期預金として預けてしまうと、その後急に100万円が必要になった場合に、定期預金の300万円全てを解約してしまわなければなりません。満期が来る前に定期預金を解約してしまえば金利はうんと低くなってしまい、わざわざ定期預金に預入した意味がなくなってしまいます。

これが100万円ずつ3本の定期預金として預入されていれば、解約をするのは100万円分の定期預金だけで済みます。定期預金を分散させて預入するだけで利息が減るのを防ぐことができます。つまり定期預金の分散は、リスクの分散につながるということです。リスク分散、などと聞くといかにも難しそうですが、やり方は簡単で定期預金を小分けにして預入するだけなのです。それにも関わらず、様々な場面において大きな効果を発揮します。

定期預金が満期を迎える前に解約してしまうのを防ぐ以外に、金利の変動に効率よく対応するためにも定期預金を分散させるのが効果的です。低金利が続いている時には預入期間を短めに設定し、預入時期をずらしていくつかの定期預金を持つと良いでしょう。各定期預金の満期日、つまり自動継続日をずらして定期的に最新の金利が適用される状況を作っておけば、金利が上がり始めた時に順番にその恩恵を受けることができます。定期預金をひとまとめにして預入していると、たとえ金利が上がり始めても、満期がまだ来ないためにチャンスを逃してしまうかもしれません。

また、同じ定期預金でも預け先を一つの銀行口座だけにせず、都市銀行とネット銀行、メインバンクとサブバンクといった具合に、複数の金融機関の口座に預入することでペイオフ対策としてリスク分散できます。1,000万円までは全額保護対象となるし、ペイオフの心配をするほどの資産はないという方もいるでしょう。しかしペイオフが実行されてしまうとその金融機関からはしばらくの間お金を下せない状態になってしまいます。資産が多くなくても定期預金を複数の金融機関に預入しておけば、お金を下せなくて困るという事態にはなりません。

不動産投資や株式投資は専門的な経済知識が必要ですし、それよりは敷居が低いと言われる投資信託も元本保証はされておらず、手数料もかかります。また個人向け国債ではペイオフ制度がありませんし、特例の場合を除いて1年以上は経過しないと解約できないというデメリットがあります。定期預金はこれらの投資商品と比べると元本割れする心配もありませんし、利益が出ても確定申告をする手間が不要です。投資対象として大きな利益を期待することは望めないかもしれませんが、非常に安全性の高い投資方法だと言えます。

定期預金を分散させることによって預金者は随分大きなメリットを得ることができます。定期預金に預入をする時には分散することを是非取り入れて賢く資産運用して下さい。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.