ATMでの定期預金の解約

ATMでも総合口座通帳とキャッシュカードがあれば、定期預金の解約ができます。

ATMでは中途解約は難しい

ATMでも定期預金の解約ができます。その場合は、定期預金を組んでいる総合口座通帳とキャッシュカードが必要です。また、窓口で定期預金の解約を行う場合には、銀行印や本人確認書類などが必要になります。そのため窓口での手続きよりも、ATMで定期預金の解約をする方が、事前に揃えておく書類などが少ないために手間を感じません。また、ATMの稼働時間中ならいつでも定期預金の解約ができるので、窓口に出向く時間が無い方には便利なサービスです。

ATMで定期預金の解約する時には、事前連絡のいる金融機関もあります。なかには窓口へ解約申請申込書を提出する決まりのある場合もあります。どのような方法をもってしてATMで定期預金の解約ができるのかは、各金融機関によって異なるため、事前に解約方法の確認をしておくと安心です。ただ、セキュリティ上の問題などから、一口100万円を超える定期預金の解約はAMTでは行えません。

ATMで定期預金の解約をするには、ATM画面から利用口座の手続きを行います。画面には普段の取引で見慣れた残高照会や預入、出金などの項目に加えて、解約・解約予約といった欄があるので、そのボタンを押して定期預金の解約を行います。

ATMで定期預金の解約を行うには、窓口での手続きと同様に、満期日を過ぎた定期預金を解約したり、満期日当日に手続きを行ったり、満期日の前に解約の予約ができます。解約された定期預金は普通預金口座に、元金と利息が振り込まれます。

多くの金融機関のATMでは、定期預金の中途解約は行えなくなっています。防犯面の考慮から、窓口のある銀行では定期預金の中途解約は窓口のみで行われています。しかし一部のネット銀行では、ATMで定期預金の中途解約ができます。その場合は中途解約利率が適用されて、普通預金口座へと振替えられます。

ATMでの定期預金の解約

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.