児童手当

赤ちゃんが生まれ、日々その新しい家族の成長を感じることは何にも勝る喜びだと思います。しかし同時に「こんなに小さいのに意外とお金がかかるものだな…。」と感じる方も多いのではないでしょうか。日々のオムツ代やミルク代に加え、どんどん成長するために衣服などもこまめな買い替えが必要です。子育てに一番必要なものはもちろん愛情ですが、子供を一人前に育て上げるためには、お金もそれなりに必要なのです。

そのため日本には、お金のかかる子育てを経済的に支援する制度が整備されています。例えば、健康保険や国民健康保険に加入している場合は、被保険者またはその扶養家族が出産した時に「出産育児一時金」が給付されます。これは、保険の対象外であり実費となってしまう分娩費用を賄うための制度であり、妊娠4ヶ月以上で出産した場合、子供1人につき42万円を受け取ることができます。

また、産休中の給与の代わりとして健康保険から「出産手当金」を受け取ることができます。正社員だけでなく、契約社員や派遣社員、パートやアルバイトであっても健康保険に加入し続けていれば、標準報酬日額の2/3を、産休期間分受け取ることができます。

そして、0歳から中学校卒業までの子供を育てている世帯は「児童手当」を受け取ることができます。児童手当は子供の養育者に支払われる給付金です。給付金額は、子供の年齢と人数により若干異なりますが、15年間で一人当たりおよそ198万円程度となります。子供の成長と共に、食費や教育費等、子育て費用は増加の一途を辿りますので、こうした子育て支援制度をしっかり理解し、賢く利用することが大切です。

ここでは、給付条件や請求方法等の児童手当に関する基礎的な情報について述べると共に、児童手当制度の変遷やその課題、海外諸国の子育て支援制度との比較や児童手当を活用した教育資金作りについて述べていきます。

各ページのご案内

児童手当とは

児童手当の手続き

児童手当の変遷

児童手当制度の課題

海外の児童手当

児童手当で教育資金をつくる用

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.