貯蓄貯金のメリット

貯蓄預金のメリットは、いつでも自由に払い戻すことができる点です。

普通預金の流動性と、定期預金の高金利

貯蓄預金のメリットとしては、預入期間がないため、いつでも自由に払い戻すことができるという、流動性の高さが挙げられます。定期預金の場合は、預入期間が設定されているため、満期を迎える前に定期預金を解約してしまうと、ペナルティとして定期預金金利が適用されなかったり、手数料をとられたりします。

これに対して貯蓄預金は、満期が設定されていないため、いつでも自由に預金を払い戻すことができます。そのため、冠婚葬祭などで急にまとまった資金が必要になった場合や、会社の業績不振や病気などの理由によって収入が減り、家計が苦しくなってしまった場合などにも、ペナルティを気にせず、スピーディに対応することができます。貯蓄のための預金商品であるにも関わらず、高い流動性を誇っている点は、貯蓄預金の最も大きなメリットであると言えます。

もう一つの貯蓄預金のメリットとしては、預入金額に応じて金利があがる、という点が挙げられます。現在取り扱われている貯蓄預金の多くは「金額階層別金利」という、預金残高が高ければ高いほど、金利が高くなるタイプの商品となっています。金額階層別金利タイプの貯蓄預金では、毎日、残高に応じた金利が、1,000円以上につき1円単位で付与されます。そのため、ある程度まとまった資金があるのであれば、普通預金口座に入れておくよりも、貯蓄預金口座を活用した方が、有効に運用することができます。

また貯蓄預金は、普通預金や定期預金と同様、元本保証されている預金商品であり、預金保険制度の対象ともなっています。そのため、預け入れた金融機関に万一のことが起こった場合でも、1000万円までの預金とその利息は保証されます。運用リスクが低く、安全性が高い、という点も貯蓄預金のメリットだと言えるでしょう。

このように貯蓄預金は、普通預金のような高い流動性と、定期預金のような高い金利という、二つの預金のメリットを併せ持っています。貯蓄預金のメリットを生かして、賢く活用することにより、より効率的な預金ができると期待できます。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.