定期預金の粗品や特典

超低金利時代に突入してから、タオルやポケットティッシュなどの粗品で定期預金の集客をはかる金融機関は減ってきています。

各種キャンペーンや抽選によるプレゼントが盛ん

以前は金融機関で定期預金に預入をすると、色々な粗品をもらうことができました。しかし超低金利時代に突入して、更にマイナス金利政策が導入されるという環境の中で、タオルやポケットティッシュなど、窓口で手渡しする粗品で集客をしようと考える金融機関は少なくなったようです。ちなみに定期預金に関して言えば、おまけやノベルティやグッズというよりも、やはり粗品と言うのがふさわしいようです。

時期を同じくして金融自由化が進み、金融機関は自由に金利を設定できるようになりました。また、ネットバンクが普及して金利や各種手数料で競争が進み、顧客にとって魅力的な金融商品が開発されたりしています。各金融機関の金利やサービスが一律だったころに比べて、消費者の選択肢が増えたことは大きなメリットでしょう。特に定期預金においては実に様々な特典付き商品が提供されています。

みずほ銀行三井住友銀行といった都市銀行と比べて地方銀行では知名度や集客面でどうしても不利になりがちです。そんな地銀もインターネット支店を設けて、ユニークでお得な定期預金を武器として全国からの集客を図っています。また、地域密着型で取引先に制限のある信用金庫でも、インターネットバンキングを取り入れたり様々なプレゼント付きの定期預金を提供しています。

各地銀や信用金庫の定期預金では、期間限定の金利上乗せキャンペーンや記念キャンペーンを行ったり、懸賞などの賞品や抽せんによるプレゼント、また宝くじがもらえる商品もあります。

一例を挙げてみると、例えば東京スター銀行の定期預金であるスターワン円定期プラスは、条件を満たすごとにポイントが加算される仕組みになっています。加算されたポイントに応じて金利上乗せのサービスが提供されています。家族と一緒に総合口座であるスターワン口座の開設をするだけでポイントが付き、定期預金の金利はメガバンクの定期預金の金利と比較すると10倍以上にもなります。

ネット銀行は利便性と定期預金の金利水準の高さが魅力です。楽天銀行住信SBIネット銀行などは、同じグループ内の証券会社とまとめて取引することで適用金利が大きく増えたり、一定額以上の定期預金の預入で各種手数料が無料になる特典が付いたりします。

ATMやインターネットで様々な手続きが簡単にできるようになり、店舗や窓口に足を運ぶことは随分と少なくなっています。そうした背景を受け、窓口でもらえる粗品もキャンペーン金利やプレゼントといった特典に形を変えています。手渡しでもらえる粗品ももちろん嬉しいですが、楽しく資産運用をしながら素敵な特典を選べるのも嬉しいものです。

< 戻る | 進む >

定期預金の金利の比較

メニュー

コラム

カテゴリー

メニュー

Copyright (C) 2008-2017 定期預金の金利の比較 All Rights Reserved.